IT業界への転職

IT業界でも様々な業務がある

近年、IT系の会社は人気があり、就業者数が多い業種と言えば、SE、プログラマーでしょう。
IT業界への転職を考えている方は、こうした専門分野について学ぶ必要がありますし、それなりのスキルを持っていることも必要ですが、IT業界と言っても、すべての人がシステムエンジニアやプログラマーというわけではありません。
当然ながら、企業には、いくら小さな会社でも、経理などの事務職もありますし、大きな会社になれば総務、人事、営業なども必要です。
ですから、IT業界への転職を考えているが、技術に自信がないという方には、こうした事務系のお仕事も良いと思います。
プログラマーとは役目が違いますが、同じIT企業の仕事というわけです。
ITの知識があまりなくても、事務、営業、経理などの一般職には就けると思いますが、システムエンジニアなどの専門業務の経験があれば、より適切な業務を行なうことが出来るでしょう。
システムエンジニアとして働いた経験があり、その経験を活かして営業部門に就いたり、事務職に就いたりする方もいらっしゃいます。
特に、営業の場合は、システムエンジニアなど、現場のことを理解していますから、より営業がしやすくなると思います。
現場を知らずにシステムを売る人と、現場を知っていてシステムを売る人、どちらの営業マンが信頼できるかと言えば、後者でしょうからね。
ですから、IT業界への転職ということでは、他の業界からの転職もありますが、SEなどを経験した方が、営業や事務職として転職するというケースも多いのです。

IT業界でも様々な業務がある続きその1

特に営業マンなどは、元SEとなれば、会社としても重宝しますし貴重な存在となることでしょう。
また、ITトレーナーという職種も現在、不足しているので、転職先として考えるにはおすすめです。
一般の方はあまり聞きなれない業種でしょうが、ITトレーナーとは、新しいシステムを導入してくれた会社に、使い方を教えるというトレーナー業です。
開発したエンジニアが教えられれば、一番、良いのでしょうが、やはり、SEは開発がメインの仕事なので、人にそれを教えるということは苦手な場合が多いです。
専門用語だけで話されても、一般企業の方にはわかりにくいですし、新しいシステムについて、説明を上手に行なうトレーナー役も必要なのです。
トレーナー業と同じように、システムの不具合などを受けつけ、電話などでサポートしたり、現場に駆けつけて教えたりする人材もIT業界には必要です。
他の業務としても、説明書を作成する業務、マニュアル制作の業務など、文章力が必要となる業務もIT業界にはあります。
ですから、自分が得意な分野を生かしてIT業界への転職を考えてもよいでしょうね。
ですが、これらのSEやプログラマー以外の職種については、ITに対して全くの素人が行なうには無理があることでしょう。
IT系の現場で働いた経歴がないと、これらの一般スタッフとしての就職は難しいかもしれません。
IT業界への転職の傾向を見ても、SEなどとして現場で一度、働いてから、トレーナーや、サポート、ライターなどに移るという方も増えています。

IT業界でも様々な業務がある続きその2

IT業界の現場をご存知の方は痛いほどおわかりだと思いますが、勤務時間も長く、徹夜で作業を行なうことも多く、体力的にとても大変な仕事が多いです。
ですから、体力がある若いうちに現場で働いておいて、そこから、別の業務に移るという、ステップを踏むことが理想的です。
年齢が上がっても現場で働いていては、身体を壊しかねませんからね。
プログラマーやSEとして現役で頑張っている方は、こうした先のことを早めに考えておくとよいでしょう。
ですが、IT業界の求人として、SEやプログラマー以外の特殊な業務の場合、一般の求人情報には乗らないケースも多いということです。
業界内での紹介など、内部だけで決まってしまうことも多いのでしょうね。
ですから、将来的に特殊な業務を希望する方は、働きながら、情報収集をしておくとよいですね。
そして、一番大切なものは人脈ですから、社内でもそうですが同業者の人脈もコツコツと作り上げておくと、いざというときに助けてくれますし、情報が人づてで入るようになります。
他の仕事から、IT業界への転職を目指す方もいらっしゃいますし、IT業界の中で、業務内容を変えて転職したいという方もいらっしゃいます。
転職の際に情報収集も大切ですし、コネクションも大切ですので、どちらが有利かと言えば、やはり、すでにIT業界で働いている方でしょう。
ですから、まったく別の仕事から、IT業界への転職を考える方は、将来的に営業を希望したり、トレーナーを希望したりする方でも、とりあえず現場で修行してみてはいかがでしょうか。
現場での経験が次の転職に役立ちますし、その会社の中でも別の業務に就くとき現場を知っていることは大きな武器になります。

IT業界と女性

ITが得意、ITが好きという方は、IT業界への転職も幾度となく考えたことがあると思います。
それでも、自分の技術に自信がなく結局は一般職に就いてしまうこともあるでしょうし、今の仕事をしながらエンジニアやプログラマーになるための勉強をしている方もいらっしゃるでしょう。
IT業界も、まだまだ人手不足の業界ですから、IT業界への転職をお考えの方も多いと思います。
一昔前は特殊な業界と言われていたIT系企業、今ではどのような状態なのでしょうか?
最近では、一般化してきたようですが、やはり特殊な成長の仕方であることは変わりがなく、それがIT系の特徴と言えるでしょう。
要するに、実力主義の風潮が強いということであり、年齢や勤務年数にとらわれない企業が多いです。
昭和時代からあった中小企業の「社員は家族」のような風潮ではない、新しい組織として成長しているIT企業が多いということです。
古い会社になると、長年勤務している方の存在や、部署同士のしらがみがあるようですが、最近のIT企業では、人が足りないところには派遣から人材を一時的に補充することも多く、会社内の縄張りやしがらみとは無縁の世界のように感じます。
時には別の会社の社員と、同じプロジェクトメンバーとして活動することもあります。
ということで、社内の人間関係の濃さに注目してみると、その時々のプロジェクトチームなどで、一緒に働く以外は、特に社員同士、深い関わりを持たないような企業も多いです。

IT業界と女性続きその1

昔ながらの会社は、社員旅行など行事で社内の人間関係を円滑にしようという動きもありましたが、こうした考え方はIT業界には少ないといえるでしょう。
昔のような会社としての考え方とは違うIT企業ですと、来客へのお茶なども進んで男性社員が出すこともあり、女性の役目と思われている考え方自体も変わってきています。
IT業界への転職を考える方は、このようなことにも慣れておく必要がありますね。
私は、お茶を入れる業務などは、男女差別ではなく、女性が進んでやったほうがお客様も気持ちよく過ごせると思うのですが、そもそも女性社員がいないIT企業もありますからね。
IT企業への転職を考える女性もいらっしゃると思いますが、現在のIT業界においては、女性の比較的がとても低くなっています。
では、実際に女性の就業率はどれくらい低いのでしょうか?
ITのエンジニアとして働いている方で、全体の80パーセントから90パーセントは男性というデータがあります。
ということは残りの20パーセントから10パーセントが女性ということですので10人に1人、または2人が女性ということになります。
ですが、女性エンジニアがゼロというIT企業も多いです。
IT業界への転職や就職を考えている女性にはとても残念な数字となっていますが、どうして女性エンジニアが少ないのでしょうか?
プログラミング業務は、そもそも男性の希望者が多いということもありますが、やはり業務内容がハードで夜中まで仕事をするなど、体力的に大変なIT企業が多いようです。

IT業界と女性続きその2

SEやプログラマーの仕事は、労働時間が不規則になってしまったり、朝まで仕事をしたりと、女性では耐えられない環境なのでしょう。
このような勤務体制ですと、既婚の女性には難しいでしょうし、ママとなれば不可能な職種ということになり、女性として勤務しにくい職種となっているようです。
なかには、男性と同じように徹夜も気にせずバリバリと働く独身女性もいらっしゃいますが、結婚後、続けるとなると難しいですよね。
せっかくIT業界への転職ができたのにも関わらず、結婚、出産でやめなくてはいけない状況になる女性も多く、女性の就職率が伸びない業界なのかもしれません。
もちろん、他の業界であっても、20代後半から30代の女性は就業率が落ち込みあすが、IT業界ではその落ち込みが極端なのです。
性別、関係なく実力で勝負ができるIT業界ですから、能力のある女性であれば、正々堂々、力を試すことができますし、最近ではママたちの再就職を支援しているIT企業も増えています。
ママであっても、優秀なエンジニアには変わりないので、より育児と両立しやすい勤務体制を作る企業も出てきていますし、在宅メインでエンジニアの仕事をさせてくれる企業も増えてきました。
こうすることで、IT企業も有能なエンジニアを確保し、人手不足が深刻になることを防いでいるのです。
IT業界への転職を考えるのであれば、女性であっても、少しでも長く働ける会社がよいですよね。
就職活動をする際に、その企業に女性がどれくらいいるのか着目してみるとわかりやすのではないでしょうか。

IT業界における勤務年数

転職を考える際に、これまで勤めていた経験を生かして、同じ業界への転職を考える方も多いですが、なかには、一度やってみたかった職種にチャレンジする方もいらっしゃいます。
家庭を持って、子どもがいるなど、責任が大きい男性の場合、未知の世界へのチャレンジは少々、危険な感じもしますが、独身の方でしたら、新しい世界に挑戦してみることもよいでしょう。
自分がどんな仕事に向いているのか、なかには、転職を繰り返して、適職がわかったという方もいらっしゃいますからね。
最近では、IT企業への転職に興味を持つ方も増えていますが、IT業界では、それほど長く勤める方も少ないようです。
人手不足も言われていますし、長く働く業界ではないとも言われています。
IT業界への転職希望者で、できれば同じ企業に、長く勤めたいという方も多いでしょうが、日本での終身雇用制度は、近年、かなり崩れてしまっていますし、特にIT業界は特殊な業界ですから長年勤務することは難しいでしょうね。
IT業界への転職を考えている方で、長期の勤続を求めている方も少ないと思いますが、もしそのような方がいらっしゃるようなら、SEやプログラマナーなど厳しい勤務状況では、体力的にも続かないと思ったほうがよいでしょう。
そもそも、日本のサラリーマンは、同じ会社にできるだけ長く勤めたい、できれば最後まで勤めたいという人が多いようですね。
2010年のデータでは、同じ企業で10年以上勤務している人は、なんと全体の45パーセント弱という数字ですから、ほとんど半分の方が10年以上も勤めているということになります。

IT業界における勤務年数続きその1

例えば、アメリカですと、10年以上同じ会社で働いている人の割合は、およそ23パーセントと、日本に比べてかなり少ない数字です。
日本の企業の体質や、日本人との考え方の違いもあるでしょうが、アメリカが23パーセント、日本では45パーセント、これだけの差があるのです。
終身雇用制度は、日本の高度成長期の中でとても意義のあったことでした。
同じ会社に勤め、長年、同じ仕事をすることで、技術の発展に貢献をしたのですから。
ですが、今のようにいつリストラされるかわからない状況では、斬新な提案や思い切った活動をしたがらない人が増えて保守的になってしまったと考えられます。
終身雇用を望めば、自分を守らなければなりませんから、社内派閥に巻き込まれるなど、企業の本来の仕事の妨げになることも増えています。
国内の企業がこのような状態にある中、平均して短い勤続年数であるのは、IT系の企業です。
大手IT企業では、平均した勤続年数は1年から2年という、驚くほどの短さだそうです。
とても短いサイクルで、人がどんどん入れ替わるので、IT業界への転職を希望する方には良い市場なのかもしれませんね。
ですが、実際に自分が入社して働くと、また数年で転職をすることになりそうですが。
では、どうしてIT企業では勤続の年数が平均してこんなにも短いのでしょうか?
IT企業では、常に若い感性が必要とされています。
もちろん、長年の経験が生きることもあると思いますが、時代に合った、フレッシュな才能が求められている業界ですから、IT業界への転職は若いうちがよいということも言えます。

IT業界における勤務年数続きその2

IT企業が必要としている人材は、若い力です。
時代の流れに乗ることや、斬新なアイディアなど、若いスタッフの力がどうしても求められるのが、IT業界であり、人手不足もありますから、若い方でしたらチャレンジできる場所がたくさんあることでしょう。
そして、プログラマーなどの職業は、激務で有名ですからと、企業によっては、残業が深夜まで行なわれたり、時には朝まで仕事をしたり、数日、家に帰れなかったり、体力的に厳しい仕事なのです。
こんな状態では、IT業界へ転職希望の方がいても、勤められるのは若いうちだけ、きつい仕事では十年も続くわけがありませんよね。
そこから、IT企業のなかでも別の職種、営業やコールセンター、サポートセンターなどへ移るという道もあります。
一般事務職もありますし、何をするにもプログラミングなど現場で働いていたことが生かせることでしょう。
さらに、IT企業は、一般企業のように長く勤めれば給与が上がるというわけではないので、10年間同じ職場であっても、同じ給料ということにもなりかねません。
ですから、IT企業に長くいることはメリットにはならないと感じている方も多いのでしょう。
そして、才能あるエンジニアは、同じIT業界への転職で、給料が上がるでしょうから、より待遇がよい企業を求めて辞めてしまうというパターンです。
IT企業の場合、長年会社にいてもキャリアをつめるかどうか、自分次第ですし、同じIT業界への転職を繰り返してキャリアを積む人もいます。

IT業界から転職する理由

IT、インフォメーションテクノロジーは、現在の社会において不可欠なものです。
ですから、IT企業の中には急成長をする会社もあります。
そんなIT企業へ就職を目指して活動している学生さんたちもいらっしゃるでしょうし、中途採用ということで、IT業界への転職を目指す方も多いです。
IT業界から別業界へ離れていく人もいれば、IT業界への転職を希望する方もいらっしゃいます。
勤務年数も少なく、離職率が高い業界と言われていますが、どうして、みなさんはIT業界から離れてしまうのでしょうか?
そして、その後はどのような仕事を目指すのでしょうか。
例えば、ある30代男性は、IT企業の運用サポートの仕事をやめて、ウェブ広告業界へと転職しました。
年収は、前職より50万円ほど上がったそうです。
前職は、システムエンジニアをされていたそうですが、SEとしてお客さんの会社へ常駐する形のお仕事でした。
そもそもITに興味を持っていたので、IT業界への転職となったそうですが、業務は楽しかったようです。
楽しい仕事で、興味も持っていた職種、それで、なぜ、ウェブ業界へ転職したのでしょうか。
その理由は、常駐先での仕事ばかりで、自社に行くのは月に1回ほどしかなく、自分がいったいどの会社に所属しているのかわからなくなったことがきっかけだそうです。
希望は、会社内での、自分の存在を確率すること、チームとして他の社員と一緒に仕事をすること、これらを理由にウェブ広告の会社に転職したということでした。

IT業界から転職する理由続き

IT業界への転職では、自社ではなく常駐先ばかりの仕事になるケースもあります。
それがイヤでIT業界をやめる方もいらっしゃいますし、他業界へ転職後は、「自分がこの企業の一員だ」ということを実感しながら働くことができるようになったとのことですから、希望が叶ったということですね。
ある調査によると、IT業界から離れる方の多くは、企業に対しての将来性に不安を感じていたり、他にやりがいのある仕事を見つけたり、という理由が多いです。
IT業界の仕事自体は好きだけれど、もっとメンタル部分を充実させたい、生活を安定させたいという理由で離職するということでしょう。
また、SEなどは、ハードな仕事が続き、その仕事環境にも疑問を感じ、体力的についていけないと思って転職する方も多いです。
これからIT業界への転職を考えている方には、ちょっと気になる離職理由でしょうが、IT業界に憧れているだけではなく、実態も知っていたほうがよいと思います。
それでも、IT企業への転職をするのであれば、好きな仕事なのでしょうし、覚悟を決めてがんばればよいのではないでしょうか。
もともと、長く勤める方も少ない業界なので、体力の続く限り2年とか3年とか、そこでがんばってみて、また転職しても良いでしょう。
IT業界から離れて転職する方は、まず、自分のやりたいことがブレないようにしっかり持っていましょう。
そうでないと、IT業界にいたということから、次の就職先でも、社内システムの担当になってしまうケースもあります。
企業としては経験者が来てくれることは重宝しますので、そうした職種で雇おうとしている一般企業もいるでしょう。
何がやりたいのか、具体的にイメージをして、面接できちんと交渉できるようにしたいですね。

IT系企業の種類

IT業界に憧れている若い方もいらっしゃるでしょうが、実は、IT業界はかなりハードな業務だと言われています。
なんと、建設業界のように「3K」と呼ばれていることもあるのです。
IT業界への転職、就職を考えている方は、その辺を理解しておいたほうがよいでしょうね。
建設などの「3K」とは、ちょっと違って、IT業は、きつい、厳しい、帰れない、この三つだと言われています。
さらに、4つ足した「7K」と言われていることもあり、休暇が取れない、規則が厳しい、結婚できない、化粧が乗らない、とも言われています。
IT業界と言えば、クリエイティブな仕事であり、憧れる方も多いです。
他業界からIT業界への転職を希望する方のなかには「手に職をつけられる」という理由でIT業界を目指す方も多いのではないでしょうか。
そして、なんと言っても社風が自由なイメージがありますよね。
スーツを着なくていい、立ち仕事がない、普通の会社と違って勤務年数だけが自慢と言うような才能のない上司がいないことなど、いろいろなメリットを感じていると思います。
IT業界に抱くイメージは人それぞれですが、「カッコイイ」とか「流行の仕事である」とか「モテそう」とか、本当にイメージだけを先行させて、IT業界へ飛び込んでいく人もいらっしゃるようです。
IT業界は離職率が高いことで知られていますが、良いイメージだけで入った方は、もっと早くにやめてしまうことでしょうね。
さて、どうしてイメージと違うIT業界の仕事があるのでしょうか。

IT系企業の種類続きその1

実は、IT業界への転職を希望すると言っても、どのようなタイプの仕事に就きたいか、それがはっきりしていないと、理想的な仕事に就けません。
仕事の内容を理解せずに、IT企業だからと言って面接を受けるなど、就職活動さえ間違った方向で行なってしまう方も少なくないのです。
IT業界と言えば、わかりやすい会社がデザインやWEBサイトを構築する企業です。
ホームページを作ったり、ECサイトを作ったり、簡単なSEO対策を行なったり、プログラマーとしては軽い仕事がメインになります。
プログラミングを本気でやりたいような方には、この手の企業は向いていないと思われます。
それから、職人技術者が集まり、短期や長期のプロジェクトに挑むタイプのIT企業があります。
プログラマーやそのほかの技術者が、数ヶ月のプロジェクトや、1年くらいのプロジェクトを請け負って開発するタイプのお仕事です。
技術者が集まり、力を合わせて築き上げる業務がメインです。
手に職をつけたくてIT業界への転職を希望する人は、このようなIT企業のほうが、じっくりと技術を取得することができるでしょう。
ですが、徹夜や連日、家に帰れないなどは当たり前で、かなりハードな業務です。
特に女性には、帰れない、寝られない、お化粧が乗らない、結婚できないなど、厳しい仕事となると思われます。
また、シンクタンクのような役割を持っているIT企業もあります。
開発業務であっても、仕事を取ってくるだけで、プログラムは行なわないIT企業もあります。

IT系企業の種類続きその2

シンクタンクの役目をするIT系企業は、業務をよりよくするためのシステム開発の提案などを行い、契約をしてきますが、プログラム開発の仕事は外注で下請け会社に回します。
IT業界への転職を夢見ていて、この手の会社に入ってしまった場合、プログラミングなどの勉強はできませんので、残念ながら技術を取得することはできません。
苦労するのは開発をする下請けなのですが、この手の会社はブランド力で大金の仕事が取れることも多いです。
技術者希望の方には、ちょっと残念な会社ですが、IT業界に興味があって、営業が好きな方でしたら良いかもしれませんね。
また、他社が開発したソフト、システムを販売する専門会社もあり、これも立派なIT系企業です。
技術者を目指して入社してしまったら、それは勉強不足ということになり、とても残念ですが、IT系企業の中でも堅実であり、リスクも少なく安全性も高い企業でしょう。
それから、人材派遣系のIT企業もあります。
開発会社などに人材を送る会社です。
研修制度が整っている会社もありますので、こうしたところでしっかりと研修し、現場で技術力を磨くこともよいでしょう。
このようにIT系企業と言っても、その業種は様々なのです。
みなさんが、現在、それ以外の仕事をしていて、IT業界への転職を考えている場合、募集要項はじっくりとチェックしなければなりません。
業態がどれに当てはまるのか、それは、自分の希望する職種なのかをちゃんとチェックしましょう。
また、自分はIT業界に入りたいが、「プログラマーやSE以外の仕事もやるつもりなのか?」自問自答してみましょう。

IT系求人広告の見方

転職をする際は、どのような就職活動を行なうでしょうか。
ほとんどの方が、インターネットや、紙面での求人広告をチェックすると思います。
求人広告に書かれている内容や、企業のホームページをチェックして、応募するかどうか決めると思いますが、特にIT系の企業の場合、どのような業務をメインに行なっているのかわかりにくいという問題点があります。
IT業界への転職を考え、求人情報をチェックされている方は、求人の内容によってどのような職種なのか、事前にわかるような知識が必要でしょう。
IT系企業と言っても、すべての会社がプログラミング、ソフト開発など、専門的な業務を行なっているわけではありません。
技術を磨きたい、SEとしてキャリアを確実に積み上げたいという方は、それに相応しいIT系企業へ応募すべきで、間違っても、営業系や簡単なウェブ制作などの会社に入るべきではないと思います。
まず、デザインや簡単なウェブ制作の会社の場合、求人広告の業務内容には、ウェブ制作ということが書かれているでしょう。
一般的に、Flash、html、JavaScriptを中心にして業務を行なっている企業は制作会社と呼ばれています。
それに対して、プログラムなどを中心とした業務を請け負う会社は、開発会社と呼ばれています。
IT業界への転職を希望する方は、制作会社レベルの業務でよいのか、それともガッツリと開発にかかわりたいのか、その違いで選ぶ会社も違ってきます。

IT系求人広告の見方続きその1

IT業界への転職希望の方で、SEなど職人としての業務を希望する方は、求人募集の特徴として、言語や、OS、フレームワーク、これらのことを細かく書いてある会社がおすすめです。
細かく書いてあるほど、技術的指向が強いと言えます。
それから、求人募集内容に、業務として、コンサルティング、ソリューションなどが書かれていたら、それはIT系企業の中でもシンクタンク的な役割をしている会社です。
ホームページも専門的でしっかりと作られ、グローバルなイメージを持ちますが、基本的に他の職業からからIT業界への転職を考える方には難しい会社かもしれません。
ですが、何かの業界に特化している業務を行なっている場合、その業界の経験があれば、IT業界の素人でもキャリアが生かせる場合があります。
シンクタンク的な会社で、営業系の企業もあります。
特徴としては、ホームページを見ても、扱っているサービスや、商品に一貫性がないことがあげられるでしょう。
簡単に言えば、売れそうなものを売る、ダメなようなら手放すという感じで、企業のものを企業へ売る、所謂、BtoBの業務です。
開発など技術的なことはここでは学べませんが、とにかくIT関連の仕事がしたいとか、営業が向いている方には良いかもしれません。
そして、IT系企業のなかでも、サービス指向である会社の求人はすぐに見分けがつくと思います。
求人広告前面に、新しいサービスの立ち上げについて書かれていることがほとんどですから。

IT系求人広告の見方続きその2

ハードになるかもしれませんが、技術者としては面白い仕事かもしれませんし、心機一転、IT業界への転職を希望する方は挑戦してみてもよいでしょうね。
そして、人材派遣を行なっている会社もIT系企業のような求人広告を出していますので、要注意です。
なぜなら、派遣であることは伏せておいて、採用が決まってから、別会社への勤務が告げられるというパターンが多いからです。
派遣法が改正されましたので、堂々とこのようなことを行なっている企業も減りましたが、一応、覚えておいて頂きたいポイントです。
派遣ではなく、業務請負など、人材を送り込むことをメインとしている会社も、IT系企業と名乗ります。
そして、勤務地が都内とか、首都圏とか、大きなくくりで書かれていたり、事務所や会社の写真が掲載されていなかったり、求人広告のこのようなポイントをみれば、技術者の派遣系の可能性があると見てよいでしょう。
派遣でもよいから大手企業の開発にかかわりたいなどの希望がある方でしたら、問題ないと思いますが、最初から人材派遣と知らずに応募してしまうことがないようにしたいですね。
このように求人広告をよく見て、使われている言葉に注目してみると、どのような会社かわかるものが多いです。
事業の内容が事前にわかれば、無駄な応募もしなくて済みます。
面接に行ってから事業内容を知り、話を聞いて唖然とすることがないようにしたいですね。
エンジニアではなくてもいいから、とにかくIT関連の仕事をしたいという方もいらっしゃれば、がっつりとした技術者の仕事を希望する方もいらっしゃるでしょう。
IT企業に対するイメージはそれぞれで、就きたいお仕事もそれぞれ違うでしょうから、IT業界への転職をする際は、自分に合った業務内容の企業を見つけられるようにしてくださいね。

IT業界への転職と覚悟

IT業界、Web業界などという呼び方がありますが、これらの職業に憧れる学生さんもまだまだ多いと思います。
また、ITに興味があり、現在は普通のサラリーマンだけれど、今後、IT業界への転職を考えているという方もいらっしゃるでしょう。
他業界からIT系の企業へ転職する方もいらっしゃいますし、まだまだ人気がある業種だと思います。
確かに、「お仕事はなんですか?」と聞かれて「IT系です」と言えることは、カッコイイですよね。
イメージ的にも、時代の先端を行く仕事、イカした職業だと思っている方も多く、蓋を開けてみないと、かなりハードな仕事だということはわかりにくいです。
それでも、プログラマーの友達がいらっしゃる方は、日々のハードワークのことを聞いているでしょうし、私も友人に何人かエンジニア、プログラマーがいますから、IT業界の大変さについて少しは知っているつもりです。
IT業界への転職を希望している方々は、それが夢なのかもしれませんが、どれだけ大変なのか事前に知っておくべきでしょう。
また、そもそも体力に自信のない方は身体を壊してしまうこともあるでしょう。
確かに、企業の成長にも繋がりますし、開発などはやりがいや達成感もある素晴らしい仕事ですが、その仕事量はハンパではありません。
その覚悟がないと、入社してもすぐに退職、というケースになってしまいます。
IT業界は、ベンチャー企業が多く、常に人が足りない状態ですから、どのIT企業に入っても、自分でやらなければならない仕事量がかなり多いと考えてよいでしょう。

IT業界への転職と覚悟続きその1

「仕事も私生活も充実させたい」とか、「家庭と仕事、どちらも大切にしたい」という方には、IT業界は向かないかもしれませんね。
ワークライフバランスは取れないものと諦めたほうがよいでしょう。
日々の残業は当たり前ですし、終電で帰れず、泊り込むエンジニアもいます。
数日間、自宅に帰れないという軟禁状態のプログラマーもいます。
ですから、定時で上がり、趣味やデートを楽しむ、家族との時間をとるようなことは確約できない業界なのです。
それだけ、仕事が好きというか、業務に集中できる技術屋としての使命感のようなものがあるのだと思いますので、ほかの事を犠牲にして自分の時間をすべて仕事に費やせることが出来る方が向いているのでしょうね。
IT業界への転職を考える女性は特に覚悟が必要だと思います。
業務がハードすぎて、寝不足が続き、女子力アップとか自分磨きなどと言っている時間もなくなりますし、第一、お嫁に行けなくなるとも言われているのですからね。
忙しすぎた結果、メンタル的に巻ってしまう方も多いのがIT業界の特徴です。
うつ病になる方も多く、正直言って、身体が持たなくなってやめるというケースが多いのです。
IT企業はそれでなくても、キャリアや昇給のためにやめる方も多く、離職率が高いと言われています。
社内の人間関係が構築しにくいことで、支えあったり励ましあったりすることが少なく、ハードスケジュール、開発などの責任の重さから、病気になってしまう方も多いのです。
IT企業で働く方が病気になってしまうのは、これらの様々な要因があるからなのです。
IT業界への転職を希望する方で、ハードな仕事に耐えられるほど体力に自信があったとしても、メンタル的にはどうでしょうか。
入社して仕事をしてみないとわからない面も多いですよね。

IT業界への転職と覚悟続きその2

勉強が嫌いな方は、IT業界には向かないでしょう。
インターネットの世界は、進化が激しく、日々、いろいろなことが変わっています。
IT系の仕事をするためには、常に最新情報が必要ですし、すでに修得している技術もスキルアップしなければ古くて使い物にならなくなる可能性もあります。
人の倍以上、勉強をして身に着けた技術が、また数年後には古くなってしまうような現象は当たり前に起こりますから、自分も常に進化しなければなりません。
IT業界への転職を希望するのであれば、「仕事をしながら勉強もする」この覚悟が必要でしょう。
他業界であれば、一度、身に着けた技術で一生、食べていける方もいますので、この違いは大きいと言えるでしょう。
IT業界の仕事はどこもハードですから、その方たちが入れ替わり別の会社に就職することで、どこの会社もブラック企業と呼ばれるような社員を酷使する傾向になってしまっています。
例えば「定時に帰れない、残業するのは当たり前である」とか、「技術者としてハードワークは必須である」とか、「終電、徹夜は普通」など、おかしな常識が社内に蔓延してしまうのです。
このようにいろいろと、IT業界のダークな面を上げてきましたが、こうした業務内容に疑問を持ち、まったく違った社風にしようとがんばっている新しいIT企業もあります。
健全なIT企業に勤めたい方は、そうした新しいタイプの企業を探すと良いでしょう。
ママさん技術者の再就職を応援している会社もありますし、そのような会社は子育てと両立できるような体勢も取られていますので、探せばホワイトな企業も中にはあるのです。
どうしてもIT業界への転職を希望する方でプライベートも家庭も充実させたいという方は、そのような待遇の会社をとことん探してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ