ソーラーパネル 比較

ソーラーパネルとモジュール

「ソーラーパネル」と「(太陽光)モジュール」。
この二つは呼び方こそは違っても、大体同じ意味を指しているそうです。
昔は「ソーラーパワー」と呼んでいた事も有ったそうで、この呼び方の方が馴染みが有ると言う方も多いのではないでしょうか。
現在はモジュールと言う言い方を使っているメーカーが多いみたいです。
何故モジュールと言う呼び方が普及しているのかと言うと、太陽光発電システムが登場する前に存在した太陽熱温水器等のシステムの存在が有ります。
当時太陽熱を使ったシステムの呼び方としてソーラーパネルと言う呼び方をしていた物が有ったそうです。
その呼び方と間違う事が無い様にモジュールと言う呼び方が使われる様になったのではと言われているそうです。
そもそも「モジュール」と言う本来の意味は「交換可能な部品」「機能単位」だそうです。
つまり、これ単体で機能を持っている部品で、追加や削除が簡単に行えると言う意味を持っています。
つまり、ソーラーパネルとモジュールは比較をしたとしても意味合いは同じと考えて頂いて良いと思います。
よく太陽光発電や太陽光モジュール、ソーラーパネルとメーカーによって色んな言い方をしていると思いますが、この3つの言葉を比較したとしても特に意味の差はないと考えて頂いて、各社の機能を比較していき、より良い物を選んでいくと良いのではないでしょうか。
またこれらの言葉の違いを各メーカーで説明を聞く時に合わせて担当者に聞いていただくと、より納得できるのではないかと思います。

ソーラーパネル(太陽光発電)のデメリット【寿命】

ソーラーパネル(太陽光発電)にはいくつかデメリットが有りますので、色々比較をして導入を検討する事をオススメしたいと思います。
【寿命】
ソーラーパネルは一度取り付けたら永久的に使えると言う訳では有りません。
希望的意見としては初期費用が高いのだから永久的に使用したいと思うと思います。
しかしソーラーパネルの機器自体、メーカー保証が10年と設定している所が多く、それ以降はメンテナンス費用は自己負担と言う事になります。
もしも新築で家を建てる場合でソーラーパネルを導入する場合、家自体は30年とか50年とか住むと思いますが、ソーラーパネルはそれまで持たないかもしれないと言う事になるのです。
また保証期間内であっても、ソーラーパネルを導入する際の周辺機器等に不具合や故障が発生する可能性も充分にあります。
イメージとして、ソーラーパネル本体が壊れやすいと言う感覚が有りますが、ソーラーパネル自体は作りがとてもシンプルで、更に強化ガラスでしっかりとコーティングされている為、意外と壊れにくいと言うメリットが有ります。
逆に周辺機器等は精密機械が取り付けられている為、壊れやすいと言うデメリットが有ります。
ソーラーパネルを長く使う為には、点検を定期的に行う事、お手入れをしっかり行う事がとても重要になります。
こうしたメンテナンスを重視している業者はたくさん有りますので、比較をし、しっかりと確認した上で導入をお願いすると言いでしょう。

ソーラーパネルを付けられる屋根

屋根の形状によってソーラーパネルの発電量は変わってきます。
どの様な形の屋根にソーラーパネルを取り付けたら、効果的なのでしょうか。
オススメなのは屋根が南向きに向いていて、ソーラーパネルの設置面が広い事、かつ屋根の傾斜が30度位の屋根に取り付けると、他の形状の屋根と比較して発電量がとてもよく、費用的にも抑えられると言われています。
日本の住宅で使用されている屋根は、切妻、陸、片流れ、寄棟と言う4つの屋根が主流となっています。
「切妻」屋根というのは、屋根が山形になっている屋根の事で、屋根の面積が比較的広いのでソーラーパネルにはとても向いている屋根となっています。
傾斜になる方角を南向きにする事で、他の方角と比較して効果的に太陽光エネルギーの変換率を上げる事が可能です。
切妻屋根の場合、コストを抑えやすいと言う特徴が有る為、ソーラーパネルを導入しやすいと言う特徴が有ります。
「陸」屋根に関しては、主にアパートやマンション等で用いられている屋根の事です。
この場合、土台部分を別で必要とする為、ソーラーパネルを導入する際の工事費が余計にかかる事が多いそうです。
但し、屋根に傾斜が無い場合が多い為、どの方角に住宅が有っても平均的な発電量を期待出来るそうです。
この他にも近年多く見られる、片側だけ傾斜になっている「片流れ」屋根や、「寄棟」屋根と言うソーラーパネルにはあまり向かない形状の屋根が有ります。
ご自宅の屋根の形状がどの様な形なのかよく把握し、最適なソーラーパネルが導入出来る様に比較検討する必要が有ります。

ソーラーパネルについて

「ソーラーパネル」についてご存知でしょうか。
ソーラーパネルは太陽光発電をしてくれる装置の事になります。
太陽光発電と言うのは、太陽の光を電気として使えるようなエネルギーに変えてくれる発電方法となっています。
元々ソーラーパネルはとてもクリーンなエネルギーが作り出せると言う事で業界からも注目を集めてきました。
その注目を受けて研究開発も既に何十年も続けられてきました。
一昔前からソーラーパネルを一般家庭に普及させていこうと言う働きが有りましたが、コスト的にとても高価になってしまう事から、一般家庭ではなくて宇宙開発に使われていたそうです。
しかし地球上の環境破壊、地球温暖化によってエネルギーが不足してきた事を受けて、太陽光発電に再度注目が集まる様になり、ソーラーパネルとして一般家庭や一般企業などに普及してきたそうです。
通常の発電と比較して、太陽光発電に関してはエネルギー生成過程において機械を使ったり、別の電気を使ったりする必要がない為、環境破壊を起こす事がないと言われています。
更に太陽光発電をする為のソーラーパネルを製造する過程においても、資源やエネルギーを余分に使う事がない為、エコとなっています。
その為にエネルギー開発においても、自然環境保護と言う観点からみても凄く価値が高く高評価となっているそうです。
今後も今と比較して更にエコでクリーンな物となる様に開発が進められているそうです。
この様な事を検討した上でソーラーパネルの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ソーラーパネルに必要な装置

ソーラーパネルの導入をする為に必要な装置は「太陽光発電システム」だけを用意すればいいと言われています。
この太陽光発電システムはモジュールとも呼ばれており、シリコンタイプ、または化合物タイプと大きく分けて2種類に分かれています。
ソーラーパネルとも呼ばれていますが、全て同じ意味を指していますので呼びやすい呼び方で覚えておくと良いでしょう。
このソーラーパネル(太陽光発電システム)に太陽の光が当たると電気を自動的に作ってくれると言うシステムになっていますので、特に電気を作る上でソーラーパネル意外に必要な物と言うのは無いと言う事が分かります。
またこのソーラーパネルは耐久性が非常に優れている為、導入する際に25年と言う長期保証をしてくれるメーカーも有ると言います。
ですからソーラーパネルを導入する際には各メーカーでどの位の保証が有るのか比較をしてみると良いでしょう。
この様に太陽光発電を行う為には、ソーラーパネル(モジュールまたは太陽光発電システム)が必要になり、各社で比較をしてみるとこれらに対して様々な工夫をしている事が分かる様で、それによって発電効率も随分違っているそうです。
電気を作る為のシステムはソーラーパネルだけで良いのですが、そのシステムで作られた電気は直流電気になります。
電気を家庭で使うには副流電気も必要な為、直流を副流に変える為のシステムが更に必要になります。
また家でどの位電気を発電して、どの位使っているかと言うのを把握する為のモニターも必要になります。
しかし最近ではインターネットでこうした数値を把握する事も出来る為、色々と昔と比較して便利になってきているみたいです。

ソーラーパネル【業者の選び方】

一言でソーラーパネル(太陽光発電)を導入すると言っても、実際にどの様な流れで進んでいけばいいか分かりませんよね。
最近はショッピングセンター等で店舗を出し、説明をしている業者も有りますが、色々業者も有る為、比較をしてみたいと思う事も有ると思います。
どの様に業者を比較て行けばいいのか、一般的な業者の選び方を挙げてみたいと思います。
ソーラーパネルの業者の事を詳しく知っている方は多くないと思います。
しかしソーラーパネルを取り扱っている会社は多く有り、それぞれメリットとデメリットが有りますのでしっかりと比較をして選んでいくと良いでしょう。
その為には先ずはたくさんの業者から見積もりをしてもらうと言う事です。
その結果を受けて最初は検討していくと良いでしょう。
値段に差がある場合、内容に差がある場合と色々業者によって違いが出てくると思いますので、しっかりと見極めたい所ですよね。
基本的に安い所が良いと思いがちですが、安すぎるのも少し不安な感じもします。
だからと言って、高すぎる業者もどうかと思いますので、値段が妥当かどうかを複数の業者から来た見積もりを見て自分なりに把握して行く事が大切となります。
そして導入後のアフターサービスはどうなっているのか、サービスはどの位充実しているのか、追加料金やオプションに関してはどうなっているのか、申し込みから導入、電力会社との契約などのフォローもしてくれるのか等、色んな面から見て判断していくと良いでしょう。

太陽電池に使われている種類

ソーラーパネルは太陽光発電システムの事ですが、太陽光エネルギーを溜めておく為の蓄電池、太陽電池を使用して出来ている装置になります。
今現在使われている太陽電池は大きく分けてシリコンタイプと化合物タイプの2つになります。
この2つはどの様に違うのか、比較をしてみたいと思います。
現在の主流としては「シリコンタイプ」をモジュールに使っているソーラーパネルが多いみたいです。
シリコンタイプでも更に2つに大きく分けられています。
1つは単結晶型と言う物で、ソーラーパネルを設置する面積が狭い箇所に適しているタイプになります。
この単結晶型ではモジュール変換率が高い為に効果的に太陽電池を貯める事が可能となります。
しかし設備自体がとても高価な物になる為、導入しようか迷う方も多い様です。
もう1つは多結晶型で単結晶型と比較してコストをかけずに導入する事が可能ですが、モジュール変換率が単結晶型より低い為、設置面積が有る程度広く設けられる事が条件となります。
シリコンタイプに対して「化合物タイプ」の太陽電池も有ります。
シリコンタイプと比較してコスト的にも抑える事が出来る上、化合物タイプの太陽電池を作成する為の原材料に関してもコストをかなり抑えて製造する事が出来る物となっています。
今後シリコンタイプと主流が入れ替わっていくのではないかと期待されているタイプだそうです。
この様に、ソーラーパネルを導入する際、使われている太陽電池についても知っておくとコスト的にも少し抑える事ができたり、検討しやすくなるのではないでしょうか。

ソーラーパネルメーカー【東芝】

「東芝」は世界に誇れる日本の家電メーカーです。
その東芝ではソーラーパネルも手掛けていて、他のソーラーパネルメーカーと比較をして遜色劣らないメーカーだと思います。
そんな東芝のソーラーパネルの特徴と言うと、太陽光エネルギーのモジュール変換率と、それを出力するパワーが世界最高レベルと言う事です。
他メーカーと比較をしてもそのレベルは群を抜いていて、注目を集めています。
これは、ソーラーパネルの電極を背面にも設定してるバックコンタクト方式と言う方式による物で、太陽光を無駄にしない工夫がされています。
太陽光が当たりにくい場所に設置しているソーラーパネルであっても、モジュール変換率が物凄く高いので、少しの太陽光も無駄にせずに十分な返還と電力供給をする事が可能となっています。
東芝のソーラーパネルの主流はシリコン単結晶タイプとなっていて、アメリカのサンパワー社のソーラーパネルを使用しています。
ソーラーパネルの導入を検討していて、どのメーカーのソーラーパネルが良いのか分からないと言う場合には、東芝のソーラーパネルを検討してみるのもオススメです。
特にどの様なご家庭に東芝のソーラーパネルがオススメなのかと言うと、ソーラーパネルを設置する屋根のスペースが狭いと言ご家庭、屋根が西向きに向いているとか建物の陰になっているとか太陽光が当たりにくいご家庭、家屋が古くてソーラーパネルを大量に設置出来ないと言うご家庭等、比較的悪条件のご家庭に向いていると思います。

ソーラーパネルメーカー【パナソニック】

「パナソニック」は日本だけでなく世界でも家電メーカーとして有名なメーカーになります。
そのパナソニックではソーラーパネルも手掛けていると言う事で、他メーカーと比較して頂ければと思います。
パナソニックではソーラーパネル市場において発電性能がとても高い製品を開発していると言われています。
またソーラーパネルに必要な太陽電池やリチウム電池の開発に関しても世界最高技術を誇っています。
パナソニックではHIT太陽電池と言うハイブリッド型の電池を使用しています。
これは太陽電池への変換率が高い単結晶型と非結晶型のシリコンモジュールを使用している為で、夏場の気温が高い時の発電効率を高める効果が期待できます。
本来ソーラーパネルの設置面の気温が高いとシステム自体が高温になってしまう為、発電効率が低くなってしまうのですが、その発電ロスを無くする様な技術をパナソニックでは採用しているのです。
それを実現させているのがHIT太陽電池で、温度特性が優れている物となります。
発電量をキープさせる温度の幅が広いと言う事、面積に対して出力数も高いと言う事、設置パネル数が少なくてもご家庭で使用する位の電力量を賄う事が出来ると言う事が特徴的です。
ですから日差しが高すぎる場所にソーラーパネルの設置を考えている方、年間を通して平均的に発電量が必要だと言う方にオススメのメーカーだと言う事になります。
メーカー保証もしっかりと行っている為、ソーラーパネルメーカーを比較していてもどのメーカーにしたらいいのか分からないと言う方にオススメのメーカーではないかと思います。

ソーラーパネルメーカー【シャープ】

「シャープ」は日本を代表する家電メーカーの1つです。
ソーラーパネルに関しては開発の歴史が50年を超える老舗的なメーカーで、太陽光のエネルギーを電気に変換する可能性、将来性に逸早く着目し、太陽電池の量産を成功させました。
他のメーカーと比較をして、太陽光発電に関するノウハウは大量に蓄積されていて、様々な悪条件であっても太陽光エネルギーが変換できる様、活躍をしているメーカーとなっています。
その評価は日本だけに留まらず、海外でも高い評価を得ています。
そんな東芝のソーラーパネルの比較ポイントをご紹介したいと思います。
シャープのソーラーパネルは、耐久性を重視して作られている商品、様々な屋根の形に対応出来る様な対応をしている商品となっているので、どの様な条件でも使用できやすく、長期間使用出来るような物となっています。
更に長期保証が付いていて、更にサポートもしっかりとしていますので、安心して設置をして戴きやすい商品となっています。
その中でも「様々な屋根の形に対応」と言う部分ですが、シャープのソーラーパネルは大きく分けて「屋根置型」と「平板瓦一体型」の2つに分かれています。
その中でも屋根置型は様々なサイズのソーラーパネルが用意されていて、色んな形状の屋根でも組み合わせで置ける様な工夫がされています。
ソーラーパネルが自由に組み合わせ出来るのは、とても便利ですよね。
また太陽光発電システムにおいても、効率よく無駄なく電気が変換できるようなシステムを導入しているのも魅力の1つとなっています。
どのメーカーのソーラーパネルを導入して良いか分からない、サポートを手厚く受けたいと言う方にシャープのソーラーパネルはオススメだと思います。

ソーラーパネルメーカー【三菱電機】

「三菱電機」でもソーラーパネルの開発は手掛けられていて、多くのご家庭で導入がされています。
ソーラーパネルは一度設置してしまうとなかなか他のメーカーに変えると言う事はしにくい商品ですので、検討はじっくりとする必要が有ると思うのです。
そんな三菱電機のソーラーパネルは他メーカーと比較をしても引けを取らない工夫がたくさんされていますので、ソーラーパネルの導入を検討している方、どの様な比較をしていけばいいか分からないと言う方にオススメのソーラーパネルメーカーとなっています。
三菱電機は世界でも活躍しているメーカーですが、基本的には日本のメーカーです。
その為、日本の家屋の事をしっかりと考え、日本の環境や風土、条件に対応できる様なソーラーパネル作りをしています。
その為、湿度、温度、雨風、雪、粉塵、塩害、と言ったあらゆる環境に配慮されて開発されています。
更に日本の家屋は比較的狭い為、屋根も比較的狭く、ソーラーパネル自体の設置面が狭いと言う状況の家屋が多いです。
その条件でも十分な発電量が作り出される様に、変形モジュールが開発され、屋根全体にソーラーパネルが敷き詰められる様にする事を可能としたり、エネルギー変換率を高度にしたりと様々な工夫がなされているのです。
そんな三菱電機のソーラーパネルは、日照時間が少ない屋根、小さい屋根、変形な屋根に向いていて、その条件下でも十分な出力が出来る様になっていますので、ソーラーパネルの設置が困難ではないかと思われる家屋にオススメです。

ソーラーパネルメーカー【京セラ】

住宅用太陽光発電システムの販売を日本で初めて行ったのが「京セラ」と言うメーカーです。
その技術はとても高く、ハイブリッドカーの先駆け的存在となったプリウスに搭載されている程です。
ソーラーパネルを導入する際、色んなメーカーと比較をすると思いますが、比較対象として京セラも検討してみてはいかがでしょうか。
京セラのソーラーパネルは多結晶シリコン太陽電池を元に開発・販売をしていました。
元になったのは化石燃料の代替エネルギーが無いかと言う思いから、太陽光エネルギーの可能性に着目したからだと言われています。
その開発を皮切りに、京セラから日本のメーカーへソーラーパネルが広がって行ったと言っても良い程だとも言われているのです。
そんな京セラのソーラーパネルの特徴と言うのは、品質と信頼性が高い事に有ります。
通常ソーラーパネルを製作する際、様々な工程を他社へ委託していると言われていますが、京セラに関しては全て社内で一貫して行う事で、技術連携や品質向上に直ぐに取り込む事ができ、そのおかげで信頼性を向上させているのです。
更に京セラのソーラーパネルは屋根に馴染む様に美しくソーラーパネルを設置したいと言うニーズの為、3種類のソーラーパネルを用意しています。
また他メーカーと比較して小さいパネルが豊富に取り揃えられている為、色んな形状に対応出来る様になっていて、屋根の一部にソーラーパネルがなる様に設計されています。
形にもタイプにも信頼性にもこだわったソーラーパネルを選びたいと言う方にオススメのメーカーです。

ソーラーパネルメーカー【ソーラーフロンティア】

デザインが美しいソーラーパネル、それなのに発電能力も高いと言うソーラーパネルメーカーが「ソーラーフロンティア」です。
他のメーカーと比較して新しいメーカーなのではないかと、不安視する見方も有りますが、シェル石油が30年以上も研究開発を続けてきて、それを手掛けているグループ会社なので安心出来るソーラーパネルメーカーです。
現在では、世界最大規模と言われる生産工場を稼働させるまでに成長している企業で、今後も発展が期待出来る企業として注目を集めています。
ソーラーフロンティアはCIS太陽電池と言う電池を採用していて、光の吸収効果が低くても安定した発電が出来る様に光照射効果がとても優れている特徴が有ります。
但しソーラーパネルの主流となっているシリコンタイプのモジュールと比較すると、エネルギー変換効率は低くなると言うデメリットは有りますが、効率的にエネルギーが使われる様になっていますので、年間を通して出力が平均的になると言うメリットが有ります。
更にコストパフォーマンス的にも他メーカーと比較して高くなる事が期待出来る為、家計にも優しいソーラーパネルを導入したいと言う所にオススメです。
そんなソーラーフロンティアのソーラーパネルですが、設置場所に太陽光が当たりにくいと言う場所に設置しようと検討している場合、設置面の耐久性が心配と言う場合にオススメのソーラーパネルとなっています。
またメーカー保証も20年と長期になっていますので、設置後の心配をする事なく使い続けやすくなっています。

ソーラーパネルメーカー【カナディアンソーラー】

家電メーカーとしては、他メーカーと比較してあまり名が知られていないかもしれませんが、ソーラーパネルを扱っているメーカーとしては有名なカナダのメーカーとなっています。
カナディアンソーラーは、ヨーロッパ・アジア・アメリカを始めとした世界各国でソーラーパネルの販売を展開しています。
カナダは雪が多くて冬は厳しい環境になります。
そんな厳しい環境にも耐えられる様な強度を備えたソーラーパネルを開発し、更に25年と言う出力の長期保証を実現させています。
そんなカナディアンソーラーのソーラーパネルは、モジュールはカナダ、その他の部品を日本で生産していると言う、カナダと日本の共同作業によって作成されていますので、比較的安心してご利用できる様になっていると思います。
ソーラーパネルを快適に利用する為には、製品が高性能で有ると言う事はもちろんの事、メーカーに対して高い信頼性が必要になると思います。
カナディアンソーラーに関しては、日本で生産されている部品を使用していると共に、業界でもトップクラスのエネルギー変換率を誇る機器を使用してる為、信頼性が高いメーカーである事がうかがえます。
また自然と家屋の景観を損ねない様、景観に溶けこむようなデザインとなっている為、ソーラーパネルでもデザインにこだわりたいと言う場合にオススメです。
そんなカナディアンソーラーのソーラーパネルですが、様々な形状の屋根に取り付けたいと言う場合、家全体の景観を損ねたくないと言う場合、信頼性が高いメーカーの製品を導入したいと言う場合にオススメのメーカーとなっています。

ソーラーパネル(太陽光発電)のデメリット

多くのメリットが有るソーラーパネル(太陽光発電)ですが、デメリットも当然有りますので、メリットとデメリットを比較した上で導入を検討する様にしましょう。
【初期費用】
電気代が節約できるなど、多くのメリットが有るソーラーパネル(太陽光発電)ですが、一番のデメリットは何と言っても初期費用が大きいと言う事ではないでしょうか。
設置するソーラーパネルの枚数によってもその費用は変わってきますが、平均的に200万円程の初期費用がかかると言われています。
但し現在は初期費用がだいぶ安くなってきている事、余剰電力が売れると言う事もあって投じた初期費用が回収できるかどうかきちんと計算した上で導入すると良いと思います。
大体初期費用が回収できるまで10年~20年程かかると言われていますので、現在のご自宅にどの位住む予定なのかもよく検討した上で考えていくと良いでしょう。
【住環境によって発電量が変わる】
ソーラーパネルを導入して、たくさん発電してたくさん電気を売れば収入になるのではないかと言う考えで導入される方も多いと思いますが、ソーラーパネルは太陽光を原料にして電気を発電させると言うシステムの為、太陽光が無い所だと当然の様に発電は出来ないと言う事になります。
雨が多い地域、日陰に立っている住宅等は太陽光が降り注ぐ住宅と比較して発電量が大幅に少なくなります。
その点で考えているよりも少ない発電量になってしまう事が予想されます。
設置しようとしている場所がどの様な環境なのか、発電量はどの位が予想されるのか、本当にご自身の住環境にとってメリットとなるのか、よく考えた上で設置する様にする事がとても大切なのです。

ソーラーパネル(太陽光発電)のメリット

多くのメリットがソーラーパネル(太陽光発電)には有ると言われています。
どの様なメリットが有るのか挙げてみたいと思いますので、他の部分と比較してみてはいかがでしょうか。
【電気代を減らす事が出来る】
ソーラーパネルを導入する事で、月々の電気代を大きく減らす事が可能となります。
もちろん発電環境にもよりますが、月15000円前後の電気代を今まで支払っていたご家庭では、月々5000円位の電気代に減額になったと言うケースもあるようで、今までと比較してかなり電気代が減る事が大きなメリットと言えると思います。
更にガスを使っていた所を、オール電化に変えてしまう事で更に節約をする事が可能になります。
【電気が余ったら電力会社に売却できる】
住宅環境によると思いますが、太陽光発電が物凄く良くて電気をたくさん発電する事が可能な場合が有ります。
場合によっては家庭で使う電気量以上に発電量が多いと言う場合も有るのです。
この時、使わなくて余ってしまった電気を無駄にする事なく、電力会社に売却できると言うシステムが有るのです。
手続きも簡単に済みます。
手続き完了後は電気の売買が自動的に行われる事になり、電気を売ったお金と電力会社から買った金額との差額が収入になるのです。
月々数万円の収入になる場合も有ると言う事ですので、見逃せないシステムですよね。
但し注意しなくてはいけないのが、電気を売っての収入金額によっては確定申告が必要になる場合が有りますので、事前に確認をしておく様にしましょう。

ソーラーパネル導入の為の費用

ソーラーパネルを導入するにあたって、どの位の費用で導入できるのか、あまり詳しく知っている方はいないのではないでしょうか。
比較してみるとメーカーによって価格帯は違ってきますので、一概にこの位の費用がかかるとは言えませんが、平均的な値段を挙げてみたいと思いますので参考にして戴ければと思います。
ソーラーパネル導入費用の相場ですが、大体1kw=35~40万円程となっています。
更に設置要領が大きくなる場合は、1kwあたりの価格が下がってくる傾向にあります。
ですから、ソーラーパネルを導入するのであれば、設置要領が大きい程お得と言う事になりますが、設置要領が大きいと、実質的に支払う費用は多くなる為、予算と相談をして決める必要が有ります。
ソーラーパネルの導入費用については、機械だけの値段ではなく、周辺機器費用や取り付け工事費用等も含まれた値段である事が多いので、きちんと内訳を確認しておく必要が有ります。
また補助金が出る自治体の場合、その分を差し引くと更に1kwあたりの導入費用が下がる事になります。
少し前と比較して、現在のソーラーパネルの導入費用はかなり下がっている事が分かります。
これは技術が進化したと共に、需要が伸びている事、生産量が増えると言う事は生産側のコストも下がると言う事が背景にあるのではないかと予想されます。
今後はソーラーパネルもますます増加するのではないかと予想されますので、更に価格が低くなるのではないかと言う見方も有ります。
そうなると、今買うのは損ではないかと言う考えも有りますが、導入タイミング等も有りますし、必ずしも将来的に買った方が得と言う訳では有りませんので、全体的な事を考えて導入を検討すると良いでしょう。

業者による価格の違い

設置する家によってソーラーパネルの組み合わせ方は変わってきます。
ですから、家によって価格は変わってくる事になります。
ソーラーパネルメーカーによって組み合わせ方や、システムの構築の仕方が違いますので、価格には差が出てくる事になります。
インターネットを見て、様々な項目で比較をしてみても実際に自分の家の屋根の設置面を考慮した場合、頭で比較した物とは違う結果になる事も多いのです。
また、台形型のモジュールを設置しようとする場合は、取り付け工事のやり方も足場を組まなくてはならなくなります。
取り付け自体はメーカーではなく、取り付け業者が行う事になりますので、その費用等もプラスして掛かる事になってしまいます。
つまり、ソーラーパネル自体の商品の価格と、取り付け工事費用が価格の内訳となるのです。
他メーカーと比較して、ソーラーパネルの商品自体の価格は同じであっても、業者の取り付け費用に差が出てくる事が多いのです。
その差は業者によっては数十万円と言う事も有るそうで、かなり大きな差になってきます。
安くソーラーパネルの導入を行いたいと言う場合は、この取り付け工事費用に関しても考慮する必要が有りますので、安く工事をしてくれる業者を探す必要が有るのです。
ですから、多くの業者に見積もりを依頼して、比較をする事が、導入費用を安く済ませるポイントになります。
但し価格が安いけれども、工事自体は雑と言う場合も有りますので、その辺は口コミ等でしっかりと確認しておきましょう。

発電量を考えてみましょう

ソーラーパネルをご自宅に導入したら、いつでも電気が使い放題で余った分は電気を売ると言う位、発電量が多いと言う様に思いがちですが、実はそんな事は無いのです。
発電量を左右するのはメーカーによる機器の違いだと思って、比較対象にする方が多いと思いますが、実はソーラーパネルを設置する場所や枚数、天候等の環境によって発電量が変わるのです。
単純に言えば、1枚ソーラーパネルを設置するよりも10枚設置した方が発電量が増えると言う事です。
ソーラーパネルで発電をするには、たくさんの太陽光をソーラーパネルに当てる事が大切です。
たくさん太陽光がソーラーパネルに当たる事で発電量は増えていきます。
逆を考えると日陰の位置にソーラーパネルを設置すれば、太陽光が当たる所にソーラーパネルを設置している所より発電量は低くなると言う事になります。
太陽光が当たる時間が長い程、発電量は多くなると言う事なのです。
例えば雪がソーラーパネルの上に積もってしまって、太陽光が当たりにくくなると発電量は低くなります。
雪が降る地域では、ソーラーパネルを設置する際、雪が積もりにくくなる様に傾斜を付けて設置すると良いのです。
また雨や曇りが多い地域では当然発電量が少なくなります。
また太陽光がたくさん当たる地域でも、気温が高い地域では発電量が低下する可能性が有ると言います。
ソーラーパネル自体が高温になってしまうと、太陽光をエネルギーに変換する能力が低下する場合があるのです。
そうなると発電量は当然少なくなります。
ソーラーパネルを導入する場合、メーカー毎に機器を比較して一番良い物を購入したいと考えると思いますが、設置する環境などを考慮した上でその場所に合うメーカーを選択する様に検討をじっくりする必要が有るのです。

ソーラーパネル(太陽光発電)のメリット【補助金・災害時】

【補助金】
ソーラーパネル(太陽光発電)を導入すると費用が高くつくと言うイメージが有りますが、自治体から補助金が貰えると言うメリットが有ります。
このシステムは自治体によって金額が変わりますので、地方によって違いが出てくると言う事になりますが、例えば国から頂ける補助金としては1kwあたり15,000~20,000円位の補助金が出ると言われています。
ソーラーパネルには補助金制度が有りますので、色んなメーカーと比較した上で導入していくとよりお得に設置できるのではないでしょうか。
但し2014年4月以降、補助金が無くなってしまったと言う自治体も有りますので事前の確認をする様にしましょう。
【電気が使えない時にも使えます】
ソーラーパネル(太陽光発電)と言うのは自家発電になりますので、電力会社からの電力供給状況に左右されなくて済むと言うメリットが有ります。
電力会社の都合で停電が起こったり、自然災害によって電力供給が止まってしまう事が有りますよね。
しかしソーラーパネルを導入している場合、自家発電をしていますので家に溜まっている電気をそのまま利用する事が出来るのです。
もちろんソーラーパネル自体が電気を動力としていますので、電力会社からの電気供給がストップすると一瞬停電はしてしまいますが、非常用コンセントを利用して家電を使う事が可能になります。
もちろん電力消費量が大きい家電は利用できませんのでデメリットも有りますが、注意して利用する事で大きなメリットとなります。
この他にも断熱効果が有ったり、エコだったりとメリットはたくさん有ります。
デメリット部分とメリット部分を比較してみてソーラーパネル(太陽光発電)の導入を検討してみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ