セックスレス 夫婦 解消

不満による妻のセックスレス

地球温暖化や高齢化と並んで、今の日本の大きな社会問題となっている「少子化」。独身者の増加やセックスレスが主な原因のようです。この少子化は皆さんが思っている以上に深刻なもので、子供の減少は日本の未来に関わります。
理由の一つであるセックスレスですが、なぜ起こってしまっているのでしょう。肉体的な障害やトラウマ、価値観など人により様々な原因がありますが、意外にも多いのが、妻の夫に対する不満なのです。
女性はセックスに対し、精神的な結びつきをつよう求める傾向があります。愛情を確かめ合うためであったり、コミュニケーションツールであったり。もちろんそこには愛があることが前提に行われます。
それに対し男性は、性欲や自尊心など本能に従ったものであることが多いです。そこに愛があろうとなかろうと関係ありません。
結婚してから急に妻がセックスをしてくれなくなったという方。付き合う当初と態度をあからさまに変えてはいませんか?先程も話した通り、女性は精神的な結びつきを優先させます。相手からの愛を感じなければ、セックスをする意味がありません。女性はそのような人に対し、強い拒否感を覚えるのです。
結婚をして、仕事を理由に妻をほったらかしにしていたり、わかりきっているだろうと言葉を省いていたり。実はこれらは女性が愛を感じなくなる原因になります。
どれだけ生活を共にしていても、愛情表現はやはり大切です。お互いのためにもこまめに愛情を示し、快適なセックスライフを送ってください。

リビドローゼ

最近、若い男女のセックスレスが問題となっています。熟年の夫婦ならまだしも、若い年代のセックスレスはとても大きな影響を与えてしまうのです。
その影響の一つとして「少子化」が挙げられます。子供はセックスなくして生まれることはありませんから、子供の減少の直接な原因につながります。
セックスレスの原因として、「面倒くさい」や「相手をセックスの対象として見れなくなった」などといったことが多く挙げられています。これらの根本的な要因は、お互いの思いやり不足でしょう。
また、セックスレスを治そうと試みても、そう簡単に解消できるようなことではありません。一度解消しても、また元に戻ってしまうことだってあります。
そんなセックスレスに頭を悩ませている方におすすめなのが「リビドローゼ」です。
リビドローゼとは香水で、男性の性欲を掻き立てられる匂いを漂わせます。そのため、これをつけるだけでセックスに誘うことができるのです。
効果も抜群で、実際に使って見た方からは「慢性的なセックスレスがあっという間に解消した」、「彼が自ら求めてくれるようになった」という嬉しい声が多数挙がっています。
また、匂いも誰が嗅いでも良い匂いというようなものなので、たとえ効果がなかったとしても日常でつけることができます。
このリビドローゼは、Amazonといった大手通販サイトで購入するよりも、公式サイトで購入した方がお得に手に入ります。解消された口コミも多数なので、一度試してみては?

セックスレスによる離婚

子供を授かるために必要だったり、愛情を確かめ合うコミュニケーションツールであったり。セックスはお互いの夫婦間においてとても大切な行いですよね。
しかし、最近はセックスレスが増加してきており、それに比例して離婚率も右肩上がりにあります。これらが原因で、あの大きな社会問題となっている「少子化」が引き起こされてしまっています。セックスレスになってしまう理由は、感情面であったり肉体面であったりと人それぞれですが、なぜセックスレスにより離婚してしまう確率が上がるのでしょうか。
一つ目に、浮気をしやすくなるという点。人間には性欲というものがあります。食欲と同じように自然と沸き立つ欲ですから、制御のしようがありません。その欲を解消できない相手と共に生活しても苦しいだけという人もいるでしょう。そこで、それを満たしてくれる相手を外で探し、浮気をしてしまうということになりやすいようです。
二つ目に、夫婦仲が悪化しやすい点。セックスに対する価値観は女性と男性で異なり、女性は精神的な結びつきを強く求めます。セックスは愛情があるからこそという認識をもっているため、セックスレス=好きではないという思考になりやすいのです。
三つ目に、相手のプライドを傷つけてしまいやすいという点。セックスはお互いの体をさらけ出す、デリケートな行為なので、ささいな一言が相手を傷つけてしまうこともあります。それがトラウマになってしまうこともあるでしょう。心の傷は残りやすいですから、いつ相手が耐えきれなくなってもおかしくないのです。
これらが主な原因で、離婚をしてしまう夫婦が多くいます。まずはお互いに話し合い、いたわりながらセックスレスを解消していきましょう。

セックスを拒否する夫の心理

あなたやあなたの周りの人は円満な夫婦関係を築けていますか?いつまでも学生のように仲の良い夫婦って憧れますよね。夫婦仲において重要なのが「セックス」です。セックスは子孫繁栄をするための人間の本能ですし、愛情を確かめ合うコミュニケーションツールの一つでもあります。
しかし、最近はこのセックスを行わない夫婦が増えてきているのです。そのため子供もできず、今では「少子化」という大きな社会問題にまで発展してしまっているほど深刻になってきています。これに対応しようと、政府は子作りや子育てのしやすい環境作りや呼びかけを積極的に行っています。
そんなセックスレスを解消するには、相手の感情を汲み取ることが大切です。今回は、セックスを拒否する夫の心理について考えていきましょう。
セックスを拒否する理由として、「面倒くさい」や「気分が乗らない」、「相手を異性として見れなくなった」などが挙げられます。男性は仕事を優先させる生き物ですので、「セックスをしている暇があったら明日の仕事に備えて眠っていたい」というのが本音でしょう。
また、男性特有のEDが原因でセックスを断る場合もあります。この場合は相手に申し訳ないという気持ちが先立ち、失望させないたくない、誹謗や中傷を受けたくないといった自己防衛が理由でセックスを拒否します。
やはり、どのような理由であるにしろ解消させるには話し合いが一番大切です。相手をよく理解し、汲み取ってあげるようにすると、セックスレスも自ずと解消されるかもしれません。

セックスレスになりやすい原因

夫婦仲はとても良いけどセックスはしない、というカップルが最近問題になっています。セックスは子供を授かるためにとても大切な営みです。そのため、このセックスレスの増加により「少子化」という社会問題を引き起こしています。政府もこれに対応しようと子育てのしやすい環境を整えたり、必死に呼びかけを行ったりしています。
そもそもなぜ、セックスレスに陥ってしまうのでしょう。今回は、セックスレスに陥ってしまう原因となる「レス」をご紹介します。
まず一つ目が「会話」のレス。言葉は思っている以上に大きな影響力を持ちます。仕事が忙しい、話すのが面倒などと言っていると、お互いの愛情がどんどん薄れ、結果セックスレスになってしまいます。一緒に食事をするなど会話を増やす場を積極的に増やしましょう。
二つ目が「信頼関係」のレス。結婚してもなお自分をさらけ出せず、仮面を被って生活をしている人がいます。それではお互い気を使ってしまい疲れるだけなので、一度しっかり話し合いをするといいでしょう。
三つ目が「愛情表現」のレス。これは夫婦円満を持続させる上で欠かせないことと言えるのてはないでしょうか。言葉や行動を起こさなければ相手に愛情を伝えることはできません。恥ずかしいや面倒などと思わず、三日に一回は愛情表現をする努力をしましょう。
セックスレスになる原因は、ささいなことの積み重ねであることが多いです。今回紹介した以上のことを参考に、セックスレスを未然に防ぎましょう。

セックスレス解消のきっかけ

近年大きな社会問題にまで発展してしまっているほど深刻になっている「少子化」。この問題の主な原因は夫婦間の「セックスレス」にあります。熟年の夫婦ならまだしも、若い男女にまでセックスレスが増えてきているため、政府も積極的に子作りや子育てのしやすい環境作りや呼びかけを行っています。
セックスを拒否する理由として、「面倒くさい」や「気分が乗らない」などといった感情的なことから、「産後の傷が治らず痛い」や「障害を持っていることに失望されたくない」といった肉体的なことまで様々です。
しかし、そんなセックスレスの夫婦が増えている一方で、解消したという夫婦も多くいます。そんな夫婦は、どのようなことをきっかけにセックスレスを解消したのでしょう。
きっかけは主に4つあります。
一つ目は、環境を変えること。いつもと同じ自宅のベッドではなく、ラブホテルといった場所へ移動したり、枕の位置を変えるといった小さなことでも効果があるようです。
二つ目は、服装を変えること。毎回同じようなパーカーといった服ではなく、たまに色気を漂わせるような服装に変えてみましょう。異性として改めて認識されますよ。
三つ目が、態度を変えること。いつも素っ気ない態度をとってはいませんか?そんな方はスキンシップを多めにしてみたりして態度に変化を持たせ、刺激を与えましょう。
四つ目に、匂いを変えること。性欲を掻き立てられるときは、視覚よりも匂いの影響が大きいのです。最近はセックスレスを解消する香水も売っているので、試してみてもいいでしょう。
これらを一つでも取り入れて、セックスレスを解消するきっかけを掴みましょう。

セックスレスの根本的な理由

近年大きな社会問題となっている「少子化」。子供が減少すれば、これからの日本を担う人材が少なくなってしまうため、未来が危うくなってしまいます。そんな事態をどうにかしようと、政府は子作りや子育てのしやすい環境を整えたり、積極的に呼びかけを行ったりしています。
少子化の原因として、セックスレスが挙げられます。セックスをしなければ子供を授かることができません。最近は30代などの夫婦に限らず、若い男女の間でもセックスレスが引き起こされています。では、そもそもどうしてセックスが嫌になってしまうのでしょう。
「仕事で疲れたから」、「今日は気分が向かない」、「体調がすぐれない」など様々な理由からセックスを避けている人が増えています。しかし、これらは単なる口実に過ぎないのです。
セックスレスの根本的な理由は「気持ちよくないから」です。体の相性が悪ければ自ずと心も離れます。自分でした方が気持ちが良いという人もいるでしょう。そうなると、相手とセックスをするメリットがなくなってしまうのです。
では、このセックスレスをどう解消したらいいのか。まずはいきなりセックスに踏み込まず、食事を共にしたり相手を見つめてみたり、手に触れてみたりといった小さなスキンシップから始めるのがベストです。それにより相手との親密を深めたら、次はスローセックスに誘ってみましょう。マイペースに行えるスローセックスならば、軽い気持ちで受けることができます。
体の相性はなかなか変えられませんが、一番大切なのは相手を想う気持ちです。常に相手を思いやる行動を心がけましょう。

セックスレスを解消するために

最近、日本で社会的な問題になりつつある「セックスレス」。世界で見ても日本の夫婦のセックスをする回数は圧倒的に少ないことをご存知ですか?ただでさえ少ないのに、これ以上減ってしまっては子孫の繁栄にも影響がでてきます。実際、子供の出生率は年々減少傾向にあり、「少子化」という問題も引き起こされています。
そもそも、どうしてセックスレスになってしまうのでしょう。現代の日本はストレス社会と呼ばれ、精神肉体の両方共が常に疲労状態にあると言われています。セックスには相応の心の余裕と体力が必要なため、なかなかしようという気にならないのです。
また、それにより夫婦仲も悪化してしまい、離婚をするという悪循環に陥ってしまいます。そんなデメリットだらけのセックスレスを解消するためには、どのようなことが必要なのでしょうか。
セックスにおいて一番大切なことは、相手を思いやる気持ちです。愛情を確かめ合うコミュニケーションツールの一つでもあるセックスは、相手の感情が敏感に伝わってきます。愛情なくしてセックスをすは意味はないでしょう。セックスレスの夫婦は馴れ合いになってしまっており、お互いの感情が離れてしまっている場合が多いです。そのため、まずは一度二人きりでじっくり話し合う機会を設け、理解するまでとことん話しましょう。
視覚や匂いなど、肉体的な面で誘うことももちろん可能ですが、それでは根本が解決されません。心地よいセックスライフを送りたいのなら、まずは相手を思いやることから始めましょう。

夫婦間のセックスレス解消法

学生の付き合いたての頃はとてもラブラブだったのに、結婚をしてから馴れ合いになってしまった。態度が冷たくなった。などなど、夫婦になってからお互いの愛情が薄れていると感じることが度々あるのではないでしょうか。それにより、セックスレスに陥ってしまった夫婦も多いことでしょう。
そんなセックスレスを放置していると、愛情表現をする場がなくなってしまい、離婚の危機にさらされてしまう可能性が高くなるのです。では、そんなセックスレスを解消するにはどうすれば良いのでしょう。今回は、セックスレスに陥ってしまった夫婦に向けた解消法をご紹介します。
セックスをする上で大事なことは、異性として認識させることです。馴れ合いになってしまった夫婦はお互いを異性として見ていない場合がほとんどです。子供がいれば尚更でしょう。
異性として見られるためには、環境を変えたり自分の身なりを変えたりする方法が有効です。つまり、自宅で行うのではなくラブホテルで一夜を共にしてみたり、相手の好みに合わせたいつもと違う服装をチョイスしてみたり。それだけで色気はぐんとアップします。
また、仕事や育児で疲れていていつもセックスが乗り気にならないという場合は、二人の時間をとることも必要です。子供を一日あずけられる施設は探せば意外と出てきます。一度じっくりお互いを見つめ直す機会をもうけるだけで、相手を見る目が全く違ってくるでしょう。
セックスレスを解消し、付き合いたての頃のようなラブラブ関係に戻ってみませんか?

旅行でセックスレス解消

あなたの周りにセックスレスに陥ってしまったという人はいませんか?最近、日本全体でセックスレスになる若い夫婦が急増しています。
セックスレスになってしまう主な原因として、障害や体の相性といった肉体的なことから、相手をセックスの対象として見れなくなったり、異性として認識できなくなったなどといった感情的なことまで様々です。
そんなセックスレスを解消するのは思っている以上に大変なもの。そこで今回は、セックスレス解消にとても効果的な方法をご紹介します。
それは、「旅行」です。セックスレスの夫婦はお互いに無関心であることが多く、やはり昔のような親密度に戻すことが大切です。旅行に行くとなると、まず計画を立てますよね。一人では勝手に決められませんから、嫌でも二人で話し合うことになります。旅行は誰でも楽しいものですから、相手のご機嫌も良いので話も弾みやすいでしょう。
楽しく計画を立てたら、実際に旅行へ行きます。二人きりですから頼れるのは相手だけです。そこでさらに親密度は深まるでしょう。また、ホテルや旅館など、環境が変わると相手を異性として認識しやすい傾向にあります。いつもと違う自分を演出して、色気を漂わせると効果倍増です。夫婦によっては、この時点でセックスレスが解消されます。
旅行には、セックスレスが解消されるだけでなく、普段の生活の気分転換にもなります。今まで知らなかった相手の新たな一面を見ることもできるでしょう。たくさんのメリットを持つ旅行で、セックスレスを克服してみては?

共働きのセックスレス

命を授かるための大切な営みである「セックス」。愛情を確かめ合うコミュニケーションツールとしての役割も果たしています。
しかし、最近はセックスレスに陥ってしまっている夫婦が増加しています。そのため子供が年々減少している傾向にあり、「少子化」という社会問題も引き起こしています。
そんなセックスレスが最も起こりやすいのが「共働き」の夫婦です。セックスはそれなりに体力が必要な行為です。お互いの心の余裕もなければ気持ちの良いセックスはできません。しかし、共働きの夫婦はお互いに仕事へ出かけ、疲れた状態で家に帰るのでセックスをする気力が残っていないのです。するくらいから眠って休みたいでしょう。
だからといって、セックスを怠っているといつしかお互いの関係にヒビが入ってしまいう可能性もあります。では、共働きの夫婦はどのようにしてセックスレスを解消すれば良いのでしょう。
疲れた状態でセックスを行っても、気分も乗らないでしょうし逆にストレスがたまってしまうだけです。なので、そんな時は潔く休みましょう。セックスをすべき時は、お互いが羽を伸ばせる休日です。休日ならば朝から晩までゆっくり過ごすことができますし、仕事の疲れもありません。最もセックスをするのに適した日と言えるでしょう。
また、休日だからこそじっくり寝ていたいという方は、休日の前日の夜に行うのもいいでしょう。明日が休みとなれば前日の夜くらいヘッチャラです。無理をしない範囲で気持ちの良いセックスを行いましょう。

仲良し夫婦のセックスレス

近年、社会問題になりつつある「セックスレス」。子供もどんどん減少傾向にあり、「少子化」も引き起こしています。
あなたの周りに、まるで学生の頃のように仲の良い夫婦っていませんか?いつまでもラブラブで、とても羨ましいですし、憧れますよね。
しかし、そんな仲の良い夫婦もセックスレスに陥ってしまっているということをご存知でしたか?仲が良いのにどうしてセックスレスになってしまうのでしょうか。
仲の良い夫婦は、2パターンあります。
一つ目は、恋人のように仲が良いこと。二つ目は、友達のように仲が良いこと。この二つは似ているようで全く似ていません。態度や生活は同じようでも相手に抱いている感情が正反対なのです。
恋人のように仲が良い夫婦は、相手を異性として見ています。それに対し友達のように仲が良い夫婦は相手を異性として見ていません。そのような夫婦はやはり、セックスレスに陥りやすいと言えます。セックスは愛情を確かめ合う一種のコミュニケーションツールでもあるため、やはり行っている方が関係は良好になるでしょう。そのような友達感覚の夫婦はどのようにしてセックスレスを解消すれば良いのでしょう。
セックスレスを解消するために一番大切なのは、異性として見られることです。付き合いたての頃のようなドキドキを取り戻させればセックスレスになることはありません。ラブホテルで一夜を共に過ごしたり、色気のある服装を選んでみたりといった刺激を与えましょう。

妻の拒否の理由

現代の日本では、地域の過疎化に並んで「少子高齢化」が大きな問題となっています。独身の増加という理由もありますが、一番の原因はセックスレスによるものです。
セックスは子供を授かるために必要な、神聖な営みですが、セックスを好まない男性や恐れる女性が互いに増加しているのです。
そんな社会問題を解決させるためにも、セックスレスを克服しなければなりません。セックスレスとなってしまう原因は様々ですが、今回は妻の拒否によって起こってしまうセックスレスの理由を見ていきましょう。
そもそも、女性と男性ではセックスに対する認識が異なります。男性は抑えきれない性欲や掻き立てられる自尊心のままに行いますが、女性は大切なコミュニケーションツールであったり、愛情を確かめ合うものという認識があります。
それぞれ違った目的でセックスは行われるので、男性の求めるセックスに耐えきれない女性も多いようです。
妻が拒否する理由として、以下のことが挙げられています。
一つ目に面倒くさいこと。二つ目に子育てに追われてそれどころではないこと。三つ目に相手を男性として見れなくなったこと。四つ目に風俗通いが発覚し、肌に触れたくなくなったこと。五つ目に女性性機能障害であること。
これらが主な理由であるようです。男と女は別の生き物というだけあって、わかり合うのはそう簡単なことではありません。ささいなすれ違いでセックスレスにつながってしまうことはようあることなのです。
お互いに円満な家庭で心地よいセックスライフを送るためにも、まずは相手と深く話し合うことが大切でしょう。

セックスレスを解消した妻の言葉

最近、セックスレスが日本の深刻な問題となっています。仕事の疲れでセックスをする気力が残っていなかったり、もはや相手に冷めていたり。理由は人それぞれですが、それにより子供が減少し、「少子化」という社会問題まで引き起こしています。
セックスレスを解消したいという夫婦は多くいるでしょう。しかし、なかなかどうしたらよいのかわからなかったり、紹介されている解消法を試しても効果がなかったり。そのようなことでお悩みの方に、セックスレスを解消したある夫婦のお話をご紹介します。
その夫婦は長いセックスレスに悩まされていました。妻がセックスをしようと誘っても夫は遠まわしに拒否し、そのような積み重ねで妻もしびれを切らしていました。セックスの回数は年に2回程度ととても少なかったので、ある意味当然のことでしょう。
出産にも焦りがではじめ、夫も折り合いを見て頑張ると言ってくれたそうです。しかし、依然として変化はなく。
そんな時、夫が香港へ短期転勤になりました。妻は期間限定の一人暮らしを満喫し、お互いに心の余裕もでき始めた頃、妻は夫に会いに行きました。
そこで懸命に働く夫の姿を見て、離婚を考えていた気持ちはなくなったそうです。
そんな香港でのある日、妻は夫にある言葉を投げかけました。「もう自分の快楽優先でいいよ」と。つまり、自分のことは考えず、自分の好きなようにしていいと話したのです。
その言葉を聞き、夫は自分のセックススタイルの苦手意識が無くなり、とても気持ちが楽になったそう。やはり、相手を思いやる気持ちがセックスには一番必要なようです。セックスレスで頭を悩ませている夫婦は一度、お互いを見つめ直す機会をつくってみてはいかがでしょう。

産後のセックスレス

近年、少子高齢化が社会的問題となり、政府も子作りや子育てがしやすい環境になるよう様々な政策を行っています。子供が減少してしまえば、未来の日本は危うくなりますからね。
この少子高齢化の原因として、夫婦のセックスレスが大半を占めているようです。本来、子供を授かるために必要な神聖な行為ですが、みだらな行為という認識や性的なことは汚いなど、間違った認識をしている人が多いように思います。
また、子供を授かる以外にも愛情を確かめ合うコミュニケーションツールとしても夫婦間には大変重要なことです。
子供は産んだものの、産後セックスレスになってしまったという話をよく耳にします。では、なぜ産後はセックスレスに陥りやすいのでしょう。
その理由として、実際の声ではこのようなことが挙がっています。
まず、産後だから体力的にもたない。子育てが大変で、セックスをしている暇があったら寝ていたい。妊娠中に発生した静脈瘤により膣が痛む。出産時に開いた陰が傷になって残ってしまい、痛む。
これらが主な理由のようです。男性は女性よりも子孫を繁栄させる本能が強い傾向にあるため、できることならいつでもセックスを行いたいでしょう。しかし、これは感情の問題ではなく肉体的にキツイことなので、無理に強いてはセックスレスになりかねません。
女性の体は男性よりも弱く、デリケートです。これから充実したセックスライフを送るためにも、今は女性の体を休ませることを優先させるべきでしょう。

匂いによる解消法

前までは毎晩のようにセックスをしていたのに、ある日を境に全くセックスをしなくなってしまった。セックスレスに陥ってしまう時はいつも突然に起こります。愛情がなくなったわけでもなく、ただただ気分が乗らない。しかし、ずっとやらないのも相手に申し訳ないし、関係にヒビが入ってしまう可能性も出てきてしまう。
そんなセックスレスをすぐにでも解消しようと思っても、どう解消したらいいのかわかりませんよね。また、サイトで紹介されている様々な解消法を試しても、効果が全く出なかったということもあるでしょう。それで焦ってしまってはお互いに心の余裕がなくなり、関係が悪化してしまいます。
では、どのようなことをして対応するのがベストなのでしょうか。
そもそも、人がセックスをしたいと欲求を掻き立てられる引き金が「匂い」にあります。もちろん視覚的な刺激もありますが、それ以上に匂いの影響力が大きいのです。
セックスをしたくないという時は、相手を異性として見ていない場合が多いです。長く生活を共にしているとお互いを知り尽くしてしまい、マンネリな状態に陥ります。すると、自ずと馴れ合いの関係になってしまうのです。
その状態から脱出するにはやはり、刺激を与える方法が一番です。異性として見てもらえるよう、相手の好みに合わせた服装をチョイスしてみたり、ラブホテルで泊まってみたり。そして、最も大事なのが匂いを漂わせること。最近は欲求を掻き立てられる香水が販売されているため、それを活用するといいでしょう。それにより、慢性的なセックスレスも解消されるかもしれませんよ。

障害によるセックスレス

セックスは子供を授かるために必要な行いであったり、お互いの愛情を確かめ合うコミュニケーションツールであったりします。女性と男性のセックスに対する認識は異なるものの、感じる心地よさは同じですよね。
しかし、最近は女性の性に関する障害により、セックスレスが増えてきているのです。少子化が今の日本の大きな社会問題となっていますが、その原因はセックスレスであることが大半を占めています。感情的な恐怖心や怠惰は話し合いでなんとか解消することができるかもしれませんが、性器や性障害は自分たちでどうこうなるものではありません。
では、女性のなりやすい障害とはどのようなものがあるのでしょう。
一つ目に、「性興奮障害」が挙げられます。この障害では、膣が濡れなかったり、痛みを伴ってしまい快感が感じられないといった症状が出ます。多くの女性は「膣潤滑不全」という症状により、セックスレスに陥ってしまいます。
二つ目に、「オーガズム障害」です。セックスをしてもオーガズムを感じられなかったり、マスターベーションのみオーガズムを感じるといった症状が挙げられます。男性にも起こりうる障害ですが、女性の発症率が圧倒的です。
これらは心因的なことで引き起こされることが多く、心理的な方法で処置が施されます。あまり自覚をしていない女性も多いため、おかしいなと思ったらすぐに病院へ診察してもらうことが大切です。
気持ちの良くないセックスをしても、慢性的なセックスレスに陥ってしまうだけです。お互いの感情や体をいたわりながら、充実したセックスライフを送りましょう。

セックスレス解消のブログ

近年、セックスレスが大きな問題となっており、年々陥ってしまっている夫婦が増加しています。それが原因で子供が減少し、今では「少子化」というまでに発展してしまっているほど。
前まではとても仲が良く、毎晩のように行っていたのに、ある日を境に全くすることがなくなったという夫婦もいるでしょう。セックスレスはなんの前触れもなく突然やってきます。セックスレスになれば、愛情を確かめ合うコミュニケーションツールがひとつなくなってしまいますし、子宝にも恵まれません。実際、それにより離婚をしてしまった夫婦も多くいます。
そんなセックスレスの夫婦が増えてきている一方で、セックスレスを解消したという夫婦もいます。しかし、相当仲の良い知り合いとかでない限り、どのようにして解消したなんて聞けませんよね。セックスは生活の中で最もプライベートなことですから。でも、どんな過程をたどってどれくらい日数がかかったか、参考にするにはやはり具体的なことを聞きたいでしょう。そんな方におすすめなのが、ブログです。
一般の方で、セックスレスを解消するまでの過程を事細かに載せている方が意外にも多くいます。どのようなことをしたのか。それに対してどんな反応だったのか。なにか進展はあったか。などなど、とても参考になるようなリアルな体験が書かれています。
解消法は人それぞれですから、正解などありません。ブログはあくまで参考程度に取り入れる程度が良いでしょう。

感情を肯定する

最近、慢性的なセックスレスに陥っている女性が多くなってきているようです。セックスは本来赤ちゃんを授かるための大切な行為であったり、お互いの愛情を確かめ合うコミュニケーションツールとして行われます。しかし、悲しいことに多くの人がセックスはみだらな行為という認識をしているようです。
セックスレスにより、今では社会問題も引き起こされています。皆さんも知ってのとおり、「少子化」です。子供はセックスのみでしか授かることができません。未来の日本のためにもセックスはとても大切な行いです。
では、なぜ女性はセックスレスに陥ってしまっているのでしょう。理由は人それぞれですが、感情による原因も多いようです。
女性がセックスを行う目的として、愛情の確認、コミュニケーションなどが挙げられます。つまり、セックスでなくとも抱きしめてくれる程度で十分なのです。
それに対し男性は、強い性欲や自尊心といった本能でセックスを求めます。このような根本的な価値観の違いで女性が耐えきれなくなることがあるようです。
もし、相手の女性が原因不明のセックスレスに陥ってしまっていたら、感情面に何かあるのかも知れません。男性として見ることが出来なくなったり、セックス対象ではなくなってしまったり。男性がなんかしら原因であることがほとんどです。
セックスに大切なのは、やはりお互いの気持ちです。愛のないセックスは虚しいだけですから。感情によるセックスレスを解消させるには、まず全ての感情を受け止め、肯定してあげることが重要です。相手をいたわり、心の傷を癒してあげましょう。

セックスレスは解消されない?

近年大きな社会問題となっている「少子化」。原因として独身者やセックスレスの夫婦の増加が挙げられます。政府はこれらに対応しようと、子作りや子育てのしやすい環境作りや呼びかけを積極的に行っています。
最近では、医療の力によって人工的に受精させることもできますが、やはり子供を授かるにはセックスをすることが一番でしょう。しかし、最近は熟年の夫婦だけでなく、若い男女にもセックスレスが増えてきているのです。
そんな深刻な問題となってきているセックスレスを解消しようと、多くの夫婦が様々な解消法を試みていると思います。香水によりセックスがしたくなるという商品も出てきていますね。しかし、セックスレスはなかなか治らないのが現状。お互いの感情の問題が大きいため、やはり根本的なことから改善していかなければ解消はされません。
また、セックスレスが一度解消したけどまた起こってしまった、という夫婦が意外と多くいます。セックスレスが解消したと言えるのは、「ずっと応じてくれなかったセックスをしてくれた」ということではありません。気まぐれの可能性も大いに有り得ますから、今日だけという期間限定のことが多いのです。
たとえ互いを見つめ直し、昔と同じような関係に戻れたとしても月日が経てばそれは風化してしまいます。結局は口だけの誓いで、実際は長く持ちません。
セックスレスを解消するというのは思っている以上にとても難しいことです。一度解消されても、気を抜かず定期的に行うようにするといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ