スマホ 防犯カメラ

使わないスマホを防犯カメラに

近年は物騒な事件も増えており、自分の身は自分で守らなければいけない世の中になってきています。
また、そこまでひどい事件でなくても、車にいたずらをされたり、変な人が近所をうろついていたりするなど、毎日の生活でも不安はつきません。
自宅周辺の不安を解消する方法として、防犯カメラの設置が考えられます。
しかし、監視カメラのようなものを自宅に設置するとなるとハードルが高くなりますし、そんな高額なものを買う余裕はないという人も多いでしょう。
そこで活躍するのが、使わなくなったスマホです。
新しくスマホを買い換えた際、それまで使っていたスマホは不要になる人が多いものです。
そのスマホを防犯カメラとして再利用するのです。
用意すべきものはスマホとPCだけです。
また、スマホは古い機種で問題ありません。
無線LANにつなげることができればいいので、SIMカードの有無も問いません。
だいたいのスマホは、解約した後もWi-Fiにつなげることでアプリやオンラインサービスを利用できます。
防犯カメラに使えるアプリとして、「ビデオ監視IPカメラ」というアプリがあります。
このアプリは監視モードにすると常に録画状態になり、何か不審な動きをキャッチすると、その前後の映像を保存してくれます。
さらに不審なことが起こったときは、事前に登録しておいたメールアドレス宛てに通知してくれるので、何かあったときはすぐにかけつけることができます。
このようなアプリでも、十分に防犯カメラとしての役割を果たしてくれます。

使わなくなったスマホで防犯対策

今やスマホの利用は当たり前のものとなり、ガラケーを使う人の方が少数派となっています。
機種変更で新しいスマホを購入すると、その度に使わないスマホが増えていきます。
この使わなくなったスマホ、買い取りに出すわけでもなくしまったままにしておくならば、何かで有効活用したいものですよね。
そこで、使わなくなったスマホを防犯カメラとして利用するのは、どうでしょうか。
スマホを防犯カメラとして利用するには、特別な装置はいりません。
新たに必要になるものとしては、常に充電するためのコードくらいのものでしょうか。
夜の間だけ使うといったように時間が限定されるのであれば、このケーブルもなくていいでしょう。
防犯カメラとして使えるアプリにはいろいろありますが、そのひとつに「IP Webcam」というものがあります。
このアプリはカメラを起動している限り画面が消えないようになっており、防犯カメラとして十分に使うことができます。
無線LANにつなげておくことで、同じネット上にあるパソコンから映像を見ることができます。
外からでも映像を確認したいという場合は、ルーターでポートを開けることで対応可能です。
また、映像を確認するためだけに、その都度パソコンを起動するのが手間だという人もいるかもしれません。
そういった場合は、もうひとつスマホがあれば、それを使って映像を確認するということもできます。
不要になったスマホを最大限有効に活動することで、常に外の映像を室内から見ることができるようになります。

スマホを防犯カメラにするメリット

防犯カメラを設置しているお店は少なくありません。
今や街頭にも防犯カメラが設置されており、犯罪や事件を抑止しようという試みが盛んに行われています。
一昔前までは、防犯カメラの映像を確認するにはパソコンを使うのが当たり前でしたが、最近ではスマホで確認するケースが増えてきています。
今や誰もが持っているスマホなら、ネット経由でどこからでも防犯カメラの画像を確認することができます。
スマホを防犯カメラとして使うメリットは、いくつかあります。
まず携帯性です。
パソコンを常に持ち歩くとなると、人によっては面倒と感じるでしょうが、スマホならそういうこともありません。
常に肌身離さず持っているという人がほとんどでしょう。
これにより、いつどこにいても防犯カメラの確認ができます。
そして、即時性です。
24時間画像を見続けるのは、あまり現実的ではありません。
何かあったときにだけ通知してくれるのが理想でしょう。
その点スマホなら、何かあったときの通知のメールもすぐに受信することができます。
何か不審な動きがあったときにだけ、通知してくれる機能を持っているものもあります。
さらに、スマホには拡張性があります。
アプリをインストールすることで、さらに機能を増やすことができます。
防犯カメラの中には、それ独自の機能を持っているものもあり、それらの機能もスマホから使えるようになります。
防犯カメラのアプリは、その機器によって異なります。
自分がどの点を重視したいかを明らかにし、ベストな機器を選ぶと良いでしょう。

Android向けの防犯カメラアプリ

一昔前のスマホは、解約してSIMカードを抜いてしまうと、ほとんど使えなくなるものがありました。
しかし最近のスマホは、解約してからも無線LANにつなげることで、ほとんどの機能を利用することができます。
電話回線が使えなくなるだけで、LINEなどのアプリなどは普通に使うことも可能です。
買い換える度に使わなくなるスマホがどんどんと増えていき、何か活用の仕方はないかと考えている方もいるかもしれません。
自宅がWi-Fiになっているのなら今まで通り普通に使うこともできますが、それなら新しいスマホだけで事足ります。
古いスマホはスペックも買い換えた機種と比べれば高くないので、その辺りもきちんと考慮する必要があります。
そうなると、活用方法としては防犯カメラとしての利用があげられます。
屋外に設置して防犯カメラとして使ってもいいですし、外出するときにペットの様子を見るために使ってもいいでしょう。
古くなったスマホを防犯カメラとして利用するには、特別な装置などは必要ありません。
すでに専用のアプリがいくつか提供されているので、それをインストールするだけで使うことができます。
たとえば、Android端末なら「IP Webcam」というアプリがおすすめです。
これなら撮影している動画をそのままストリーミングで見ることができます。
映像の解像度の設定もできるので、回線の状況がよくない場合は解像度を下げるといいでしょう。
監視カメラとしては、十分のクオリティの動画が撮れます。

スマホなら防犯カメラの導入も簡単

スマホは常に最新機種にしていたいという人は頻繁に機種変更をするため、使わないスマホがどんどんと増えていきます。
iPhoneも毎年のように新機種がでるので、その度に新しいものを購入しているという人もいるかもしれません。
みなさんは、使わなくなったiPhoneはどうしていますか。
音楽プレイヤーとして活用している方もいるかもしれませんね。
もしかすると、しまいこんだまま使っていないという人も多いのではないでしょうか。
まったく使っていないのなら、監視カメラとして活用するのはどうでしょう。
最近は街角だけでなく、個人宅でも防犯カメラを設置する家が増えてきています。
防犯カメラを設置することで少しでもトラブルが減るのなら、使ってみる価値は十分にあるでしょう。
iPhoneをはじめとしたスマホには、監視カメラ用のアプリが用意されています。
これをインストールするだけで、使わなくなったスマホを簡単に監視カメラとして利用することができます。
特別な装置なども必要なく、常に使うという場合は電源コードを用意するくらいで大丈夫です。
監視カメラアプリはさまざまで、動画を常に配信してくれるものから、5秒おきくらいに画像を撮ってくれるものもあります。
そのあたりは、使うスマホのスペックで使い分けるようにすると良いでしょう。
古いスマホだとそれほどスペックは高くないので、解像度が高い動画だと厳しいかもしれません。
また、撮影した動画や画像はそのまま保存できるものもあれば、24時間後に自動で削除されるものもあります。
この点も必要に応じて選びたいところです。

離れて暮らす両親の様子を知りたい

実家の両親から離れて暮らしていると、両親の具合が心配だという人も多いでしょう。
年老いた両親のことが心配でスマホをプレゼントしたものの、よく使い方が分かっていないようだというケースも多いかもしれません。
できれば頻繁に帰省できれば良いとはいえ、遠方な上にいろいろな事情があれば、なかなかそういうわけにもいきませんね。
そのような場合に役立つアプリが、「IP WebCam」です。
このアプリは、スマホを防犯カメラや監視カメラとして使うことができるアプリです。
映像をリアルタイムで発信できるため、離れた土地からでもその映像をブラウザで確認することができます。
このアプリをインストールし、部屋の様子が分かるように置いていてもらえば、両親の安否も知ることができます。
もちろん何かあったときにも、すぐに気づくことができます。
遠く離れたところに住んでいて、なかなか実家に帰省することができない人には、嬉しい機能です。
「IP WebCam」は、防犯カメラとしても十分に使うことができます。
新しい端末を購入し、使わなくなったスマホが家にあまっているという人も多いでしょう。
そのような古くなったスマホを屋外に設置しておけば、防犯カメラとして役立てることができます。
特別な装置も必要なく、電源さえ確保できる状態にしておけば、簡単に使うことができます。
何かと物騒な事件が多いご時世ですから、まったく使わなくなってしまったままになっているスマホがあれば、このような形で有効活用してみてはいかがでしょうか。

スマホを勝手に触る人への対策

もしかすると自分がいない間に、誰かがスマホに触っているのではないか。
そのように考えたことはありませんか。
家族の誰かかもしれませんし、彼女や彼氏があなたが席を外した隙にのぞき見をしているのかもしれません。
または子供が勝手にイタズラしているのかもしれません。
しかし、そのような疑念があっても、なかなか面と向かって問いただすのは気が引けますよね。
もしもただの勘違いだったら雰囲気が悪くなりますし、聞いたところで相手が正直に話してくれるとも限りません。
そんなときに役立つのが、「IP WebCam」というアプリです。
このアプリは防犯カメラとしてよく使われているもので、映像をネット上に配信することができます。
スマホの映像を、離れたところからでも確認できるというわけです。
もし、あなたが「誰かにスマホをいじられているかも」という疑いを持っているのなら、あなたが席を外すときにこのアプリをオンにしておくことで、誰がスマホに触れるか確認することができます。
さりげなくスマホを置いて別室からパソコンで見ていれば、一体誰が触れているのかを探り当てることができます。
その映像を録画しておけば紛れもない証拠になるので、相手も言い逃れができません。
きっとそれ以降は勝手に触ることもなくなるでしょう。
このように「IP WebCam」は防犯カメラとしてだけではなく、いろいろな使い方ができるアプリです。
何か装置などを準備する必要もないので、思い立ったときにすぐ利用できます。

防犯カメラに最適なネットワークカメラ

近年さまざまな場所で防犯カメラを見かけるようになりました。
多くのお店で使われている防犯カメラですが、個人宅で使用するには、少しハードルが高いのではと思う人も多いのではないでしょうか。
設置も難しそうですし、コストの問題もあります。
そのハードルをだいぶ低くした商品が、ソニーから販売されている「SNC-CX600W」です。
こちらはサイズが61×95×41mmとかなりコンパクトで、重さも110gほどです。
また、デザインも白いシンプルなもので、一般的な防犯カメラのような物々しさもあまり感じさせません。
しかしながら、防犯カメラとしての機能はしっかりしています。
人感センサーと白色LEDが搭載されているため、暗いところでもはっきりしたカラーの映像を映し出すことができます。
また、このLED自体の明るさもかなりのもので、それだけでも防犯効果が期待できそうです。
撮影した映像は、microSDに記録できます。
さらに、microSDにあらかじめ音声ファイルを録音しておくことで、センサーと連動して音声を再生することもできます。
また、そのまま配信することができるので、WEBブラウザ上から確認することも可能です。
加えて専用アプリでなくブラウザだけで見ることができるので、パソコンはもちろんスマホからでも確認できます。
ソニーの製品なので、ソニーのスマホでなければいけないということもなく、どのスマホからでも映像を確認できます。
ブラウザさえ使えればいいので、iPhoneからでも問題なく見ることができます。

iPhoneを防犯カメラにできる無料アプリ

使わなくなったスマホの活用方法として、防犯カメラに使う人が増えています。
特別な装置などがなくても、アプリをインストールするだけで使うことができるため、導入までのハードルが低いというのも需要が高まっている大きな理由でしょう。
また、きちんとした防犯カメラを使う場合は費用面で心配がありますが、アプリならそのような心配も不要です。
電源さえ確保できるようにしておけば、24時間使用することもできます。
iPhoneで防犯カメラとして使うことができる無料アプリには、以下のようなものがあります。
・あんしん監視カメラ
ネットが接続できるのであれば、どこにでも設置できます。
専用のログインパスが用意されるので、それを使えばスマホやパソコンなど、どこからでも画像を確認することができます。
登録なども必要なく、ダウンロードするだけですぐに使うことができます。
・Home streamer Lite
スマホの映像をパソコンから見ることができます。
接続方法は、同じWi-Fi上につながっているのなら、スマホに表示されるアドレスを入力するだけで大丈夫です。
線をつなげたりする必要もなく、簡単に利用できます。
無料アプリでも、十分に防犯カメラとしての機能を果たしてくれます。
使わなくなったスマホが家にある人は、ぜひ一度試してみると良いでしょう。
リアルタイムで映像を送ることができるので、防犯カメラとしてだけではなく、外出中にペットや子供の様子を確認するのにも役立ちます。

iPhoneを防犯カメラとして再利用

機種変更して、使わなくなった古いスマホはどうしていますか。
どこかにしまいこんだままになっているという人も多いかもしれません。
最近のスマホは、解約してSIMカードがなくなっても、Wi-Fiなどでネットにつなぐことができれば、ほとんどの機能を使えます。
そのため、携帯としては使わなくなっても、しまったままにしておくのはもったいない話です。
使わなくなったスマホの活用方法のひとつに、防犯カメラとして利用することが考えられます。
最近では物騒な事件も多く、個人宅でも防犯カメラの導入を考えている人も多いのではないでしょうか。
とはいえ、防犯カメラは本格的なものになると決して安いものではありませんし、設置するにも配線の関係などがあり、なかなかハードルが高いものです。
そこで、スマホを防犯カメラとして使うわけです。
これなら高価なカメラを買う必要がありませんし、設置も非常に簡単です。
iPhoneを防犯カメラとして使うアプリには、以下のようなものがあります。
これらのアプリを利用して、使わなくなるスマホを再利用してはいかがでしょう。
・Motion Detection Camera HD
人の動きを感知して、自動で撮影してくれるアプリです。
音や動きに反応するため、誰かが侵入してきたときに撮影してくれます。
また、時間や日付も同時に記録でき、証拠としても十分に使えます。
さらに顔検知機能などもあり、いろいろな使い方ができます。
・Photo Request
遠隔操作でカメラを起動し、撮影されたものをリアルタイムで確認できます。
子供に留守番を頼んだときなどに、出先から家の様子を確認するという使い方もできます。

ペットの様子をスマホで確認

ペットをとても大切に思い、家族同然に考えている人も多いことでしょう。
そうした人は、外出しているときでもペットがどうしているか様子が気になってしまうのではないでしょうか。
特にペットの体調があまり良くないというときは、目を離している間にもしも何かあったら・・と心配ですね。
そんなときに役立つのが「スマホdeみまもり」というアプリです。
このアプリをダウンロードしたタブレット端末を自宅に設置してアプリを立ち上げておけば、外出先でも自宅の様子をスマホで24時間確認することができます。
画像だけでなく音声の配信も可能なので、子供やペットの泣き声もしっかりと確認できます。
一度設定を済ませてしまえば、次からはただ起動するだけで動画を見ることができます。
これなら機械の接続や設定はニガテという人でも簡単に使用できますね。
「スマホdeみまもり」は、ペットや子供の様子を見る以外にもさまざまな使い方ができます。
屋外に設置しておけば、防犯カメラとしても十分に使うことができます。
専門の監視カメラを購入して設置するのはいろいろな面でハードルが高いものですが、このようなアプリを使えば簡単にスマホを防犯カメラとして活用できます。
機種変更して新しいスマホを買うと、古い端末は使わなくなってしまう人が多いものです。
そんなときは、このようなアプリを使って古くなったスマホを再活用してはいかがでしょう。
アプリは数百円で購入できるので、十分に試してみる価値があります。

簡単設定でスマホが防犯カメラになるアプリ

子供に留守番を任せたり、ペットを家に置いたまま長時間出かけたりすると、出先でも家の様子が気になるものです。
子供がまだ小さかったり、ペットがいたずら好きだったりすればなおさらです。
ちゃんと留守番できているか。
何か問題が起こっていないか。
そういうことが気になり出すと、用事にも集中できませんね。
そんなときに役立つのが、「Rusuban Cam」というアプリです。
家に使わなくなったスマホがあるという人は多いのではないでしょうか。
機種変更すると、前に使っていた端末は持てあましてしまうことが多いですね。
そんなときは、しまったままになっているスマホを防犯カメラとして再利用しましょう。
アプリを使えば、スマホやタブレットを使って離れた場所からも自宅の様子を確認できるようになります。
スマホが複数台あれば、何カ所かに設置していろいろな場所の様子を見ることができます。
また、ある一定の時間帯だけ撮影したり、何かが通ったときだけ撮影したりというように設定することもできます。
「Rusuban Cam」はいろいろな項目を入力する必要はなく、ただQRコードを読み取るだけで完了と設定の仕方も簡単です。
機械の配線や設定は苦手という人でも、これなら大丈夫でしょう。
本格的な防犯カメラを設置するとなるとお金も手間もかかりますが、このようなアプリを使えば、安価で防犯対策ができます。
使わなくなったスマホが家で眠っているという人は、利用を考えてみてはいかがでしょうか。

無料で防犯対策ができる「簡単設定監視カメラ」

自宅でできる防犯対策として考えられるのが、監視カメラなどの設置です。
ここ数年で監視カメラの数はかなり増え、あらゆる場所で見かけるようになりました。
今や店舗はもちろん、街頭にもかなりの数が設置されています。
しかし、防犯対策で自宅に監視カメラを付けたいと思ってもきちんとした物はなかなか高価ですし、設置する手順が面倒でもあります。
そうしたこともあり、一般家庭で監視カメラを導入している割合はまだまだ少ないのが現状です。
そうはいっても、自宅近辺が住宅地で人通りが少ないとなれば、夜の間に誰かが侵入しないか心配ですし、自宅で留守番している子供やペットが大丈夫だろうかと気になる人も多いことでしょう。
そんなときに役立つのが、使わなくなったスマホです。
スマホが1台あれば、防犯カメラとして使うことができます。
防犯カメラ用のアプリはいろいろとありますが、無料で使えるものには「簡単設定監視カメラ」というアプリがあります。
こちらは名前の通り、簡単に設定できるのが特徴です。
アカウントを作成してログインし、あとは様子を見たい場所にスマホを設置して撮影ボタンを押すだけです。
難しい設定などもなく、これだけで使わなくなったスマホを防犯カメラとして使うことができます。
撮影の間隔は3秒から10秒までの間で選択できるので、必要に応じて設定しましょう。
手間も費用もかけず簡単に使うことができるので、使わなくなったスマホがある人は、ぜひ試してみてください。
リアルタイムで家の様子が確認できれば、いろいろな面で安心できます。

設置が簡単なベビーモニター

最近では、自宅に防犯カメラを設置している家も珍しくありません。
以前は高価でなかなか手に入れるのが難しかった防犯カメラですが、近頃は安価なものも増えてきており、個人でも割と手軽に購入できるようになってきています。
ネット通販を利用すると、スマホ対応のWi-Fiモニターなどで7,000円ほどで販売されているものもあります。
たとえば、「可動式ネットワークベビーモニター P2Pモデル」もその中の1つです。
ベビーモニターとして必要な機能はすべて備えており、設定も5分ほどで完了できます。
スマホで使えるアプリは、もちろん日本語対応です。
外出先でもスマホやタブレットから、いつでも家の様子が確認できます。
このベビーモニターは、カメラを上下左右に動かすことができるのも大きなポイントです。
スマホやパソコンから自由に角度を調整できるため、見たいところを映すことができます。
さらに音声双方向にも対応しているので、向こうの音声を聞くことができるだけでなく、こちらから声を届けることもできます。
録画形式は、動画、静止画像のどちらも可能です。
さらに、録画した映像はスマホでも見ることができます。
無線LANに対応しているので、自宅が無線環境にあれば通信費用などもかからず、複数台を同時に設置することもできます。
外出する際に、留守番をさせる子供やペットの様子が気になるという方は、ぜひ自宅に導入してみてはいかがでしょうか。
これさえあれば、どこにいても家の様子を確認できます。

自宅にも防犯カメラを

いろいろと物騒な事件が増えている昨今、自宅に防犯カメラを設置しようかと考えている人も多いのではないでしょうか。
ニュースを見ると毎日のようにさまざまな事件が起きており、いつ自分が巻き込まれても決しておかしくはありません。
そのような事件を防ぐための手立ての一つとして、防犯カメラの設置はとても有効な対策といえます。
今や自宅でもあっても、屋外に防犯カメラを設置しているところが増えています。
防犯カメラというと、以前はとても高額なものというイメージがありましたが、今や20,000円もあれば、十分に高性能な防犯カメラを買うことができます。
事件を未然に防いでくれることを考えれば、決して高い買い物ではないでしょう。
海外製品であっても、日本で販売されていれば操作画面が日本語表示になっているものが大半です。
本体設定も分かりやすく、初めて扱う場合でも心配する必要はありません。
録画方法も多彩で、常に録画しておけるものから、一定の決まった時間だけ録画しておくもの、カメラが動くものを感知したときだけ録画を始めるものと、状況に合わせて選ぶことができます。
動体検知モードにしておくと、何か動くものを感知したときにアラーム音で知らせてくれる機能を備えたものもあります。
撮影している映像はパソコンから遠隔で見ることができ、アプリをインストールすれば、iPhoneなどのスマホでも確認できます。
スマホだけでなくタブレット端末でも見ることができるので、どこにいてもしっかりと状況を把握できます。
また、赤外線LEDが搭載されているモデルなら暗闇でも撮影可能です。

壊れにくく付属品も多彩な防犯カメラ

防犯カメラを自宅に設置しようと考えているのなら、できるだけ壊れにくいものがいいですよね。
せっかく取り付けたのに、すぐに壊れてしまっては元も子もありません。
さらにいえば、取り付けが簡単で操作の仕方も複雑でないものの方が嬉しいでしょう。
そんな方におすすめなのが、ACE SECURITY SYSTEMの「高性能防犯カメラ4台セット」です。
QRコードで登録すれば、スマホからでも映像を確認することができます。
さらに、集音マイクや遠隔設定リモコンが付いてくる特典もあります。
高いところにカメラを設置すると、そこから設定するのは大変な上、落ちたりすればケガをする可能性もあります。
そんなときに遠隔設定リモコンがあれば、モニターで確認しながらラクラク設定ができます。
また、4台のカメラは屋外用カメラか屋内用カメラ、ホワイトかブラック、3.6mmレンズか6mmレンズといったようにバリエーション豊富な中から、目的に合ったものを選ぶことができるのも嬉しいポイントです。
壊れにくさに自信があるということで3年保証もついており、使ってみて機能に満足がいかない場合のことも考えて39日間の全額返金保証もあります。
もちろん購入後のサポートも万全で、わからないことや困ったことは電話によるサポートを受けられます。
防犯カメラは防犯対策グッズとしてニーズが高まっており、自宅に設置している人も珍しくありません。
スマホでいつでもどこでも映像を確認でき、外出中も安心です。

お手頃価格の防犯カメラが増えています

最近の防犯カメラは多種多様で、値段が手頃なものも増えてきています。
5,000円前後で購入できるものもあり、これから自宅に防犯カメラを設置しようと考えている人にも、だいぶハードルが低くなっています。
今やネットワークカメラの機能は、かなり性能が高くなっています。
屋外でも設置できるよう防水加工されているのはもちろん、赤外線LEDが搭載されていて、夜間の映像もはっきりと確認できます。
また、3.6mmレンズのカメラを設置すれば、かなり広範囲の映像を撮ることができます。
さらに、何か動いたときだけ録画を開始するモーション検知や、そのような場合だけに通知をしてくれるメールアラームなどもあります。
多くの防犯カメラは、QRコードをスマホから読み込むだけで登録できます。
これなら面倒な接続作業もなく簡単に設定でき、いつでもスマホから防犯カメラの映像を確認できます。
スマホ専用アプリが用意されているものも多く、操作方法が簡単なのも嬉しいところです。
防犯カメラとして利用する他、ペットモニターやベビーモニターとして、また介護用のカメラとして利用している人も多くいます。
一昔前なら、自宅に防犯カメラなんて大げさなと思われた人も多いかもしれません。
しかし、今では防犯対策としてはもちろんのこと、あらゆる危険から家族の安全を守るためのアイテムとして、防犯カメラのニーズはだんだんと高まっています。
設置を考えている人のなら、まずはそれほど高くないモデルから試してみると良いでしょう。
それでもかなり高機能なものが多くあるので、満足いく結果を得られるはずです。

スマホで防犯カメラを遠隔操作

スマホの中には、防犯カメラを遠隔操作できるものもあります。
もちろんどの防犯カメラにも対応しているわけではありませんが、もし今後防犯カメラを購入することがあれば、そうした点もチェックしておくといいでしょう。
たとえば、「FS-IPC100」という防犯カメラなどは、スマホで遠隔設定をすることができます。
また、もしカメラに何かが写ったら、写真をスマホに送るなどということもできます。
防犯カメラをスマホで使えるようにするには、設定が必要です。
最初にルーターのポートを設定し、それからDDNSサーバーを設定します。
その後、スマホ側で操作用のアプリをダウンロードします。
アプリには有料のものと無料のものがあり、有料版になるとマイクやスピーカー機能などが使えます。
まずは無料版で試してみるのがいいかもしれません。
一通りの設定が終わると、防犯カメラをスマホから遠隔操作できるようになります。
「FS-IPC100」の設定画面は日本語表示になっているので、それほど手間取ることはないでしょう。
以前はそれほど多いと感じることはなかった防犯カメラですが、今では街のあちらこちらで見かけるようになりました。
お店や公共施設だけでなく、最近は個人宅で設置しているところも決して珍しくありません。
防犯カメラは犯罪抑止に効果があるため、これから導入を考えている人は多いのではないでしょうか。
スマホと連携させることでいつでもカメラの映像が確認できるので、旅行や出張などで長い間外出するときにも安心できますね。

スマホの容量を気にせず使える防犯アプリ

機種変更する度に、使わないスマホが増えていきますね。
故障しているわけではないスマホを、いくつもしまったままにしている人も多いのではないでしょうか。
最近のスマホは、Wi-Fiにつなげることで解約後もほとんどの機能がそのまま使えます。
アプリなどもダウンロードできますし、カメラなどもそのまま使えます。
その点を踏まえ、使わなくなったスマホの活用法としておすすめなのが、防犯カメラとしての利用です。
たとえば、Android端末用の「Androidアナライザー」というアプリがあります。
このアプリをパソコンとスマホにダウンロードすることで、簡単に防犯カメラとして使うことができます。
アプリをダウンロードしたら、映像を撮りたいところにスマホを設置します。
そして、設置したカメラの画像が見たいときに「Androidアナライザーを」起動し、カメラ撮影を押すだけです。
カメラはフロントカメラとバックカメラを選択できるので、状況によって使い分けると良いでしょう。
画像をたくさん撮っていると、心配になるのが容量ですね。
型落ちしたスマホだと、それほど容量に余裕がないことも多いものです。
その点、Androidアナライザーを使って撮影した画像はパソコンには残りますが、スマホには残りません。
そのため、容量を気にせず撮影ができます。
また、Wi-Fiに接続されていれば遠隔操作が可能なので、留守中にペットや子供の様子が気になるときなどにも役立ちます。

無料で使えるiPhone向け防犯アプリ

もしも無料で防犯カメラを使えるとしたら、使ってみたいと感じる人が多いのではないでしょうか。
物騒な世の中ですから、自己防衛の手段はできるだけ持っておきたいものです。
ニュースに出るほどの大きな事件でなくても、車やバイクにイタズラをされた経験がある人は多いことでしょう。
そういった経験は、二度としたくないものですね。
機種変更をすると、それまで使っていたスマホは携帯電話としては使えなくなるものの、それ以外のほとんどの機能はWi-Fiに接続すれば使えるようになっています。
たとえば、iPhoneの場合は「あんしん監視カメラ」というアプリを使えば、防犯カメラとして活用することができます。
しかもこのアプリは無料なので、試しにどんなものか使ってみたいという人にもピッタリです。
「あんしん監視カメラ」には動体検知機能があり、何かものが動いたときにだけ撮影することもできます。
大きな音に反応してアラーム通知してくれる機能もあり、いろいろな活用法があります。
実際に送られてくる映像は動画ではなく、一定間隔の静止画となりますが、それでも防犯対策としての役割は十分に果たせるでしょう。
このように、使わなくなったスマホにはいろいろな活用方法があります。
もし、機種変更をしたりして使わないまましまいこんでいるスマホがあれば、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
無料で利用できるアプリでも簡単な設定で驚くほど高機能なものが多く、驚くかもしれませんよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ