カニ 通販

カニ通販のアブラガニその1

みなさんは、カニ、お好きでしょうか?
冬にはカニ鍋などもおいしいですよね。
海産物の中でも、とても人気が高いカニは、お値段も高いのでお客様に出すお料理としてカニを使うご家庭もあると思います。
また、おうちで格安にカニを楽しむには、通販が一番良いでしょう。
最近では、足が取れたカニや、サイズのそろわないカニなど、海産物のアウトレットとして安いカニも通販で登場しています。
すでにご利用になったことがある方も多いと思います。
安くておいしいですし、しかも生きたカニが届くこともあります。
今ではカニを購入するのは、実店舗より通販を使うという方が多くなっているのも当然ですよね。
さて、カニの王様と言えば、なんと言ってもタラバガニです。
大きいし、ジューシーですし、見た感じも豪華で、タラバガニを食べると誰でも幸せな気分ですよね。
タラバガニも、もちろん、通販ではかなり安い値段で売られています。
高級なタラバガニが安く手に入ったら、消費者としてはとても助かるのですが、それが本物のタラバガニなのか、きちんと見分ける必要があります。
通販で遅れてきたタラバガニをおいしく頂けたら、それはそれで満足でしょうが、それが本物のタラバガニではなかったら、みなさんはどうしますか?
実は、タラバガニに形も大きさも良く似たアブラガニというカニがいるのです。
比較的安いアブラガニを高級タラバガニと表記して、販売していて、公正取引委員会から排除命令が出た業者もあるようです。

カニ通販のアブラガニその2

この件は、百貨店や通販会社など、全国にわたり知られるようになりました。
通販会社が売っているものを偽者と呼ぶのはどうかと思いますが、アブラガニが偽者なのでしょうか?
実はこの区別はなく、もともと、ふたつは同じ科です。
カニの種類の中でタラバガニ科である、タラバガニ、そして同じ科であるやアブラガニなのです。
カニの王様、KingCrabと呼ばれている、タラバガニは、どこでとれるのでしょうか?
多くはアラスカ沿岸の北極海だったり、ベーリング海だったり、それから、北米太平洋やオホーツク海、また、日本海、千島列島、そして、北海道の太平洋岸などです。
そして、本タラバガニはRedKingCrab、レッドキングクラブと呼ばれています。
このカニ、昔はよく、魚の鱈の網にかかったそうです。
「たらのばしょ」という意味で、タラバガニと呼ばれるようになりました。
一方、アブラガニはBluekingCrab、ブルーキングクラブと呼ばれています。
見た目、味とも、タラバガニと、ほとんど変わりません。
ボイルする前、青みがかかっている体をしているので、このカニをブルーキングクラブと呼びます。
そして、イバラガニは、BrownKingCrab、ブラウンキングクラブと呼ばれています。
タラバガニより、甲羅がオレンジ色っぽく、脚の太さは秀逸です。
カニとしての味は、濃厚で甘みがあり、加工品として使用されることが多いカニです。
インターネットショップでは、とても安い値段でタラバガニが販売されていて、びっくりすることもあります。

カニ通販のアブラガニその3

ですが、ショップの中にはアブラガニを、「タラバガニ」として販売しているショップもあるようです。
同じタラバガニ科なので、うそではないにしろ、事実を知ったら、ちょっと騙されたと思う消費者も少なくありません。
アブラガニもそれなりにおいしいですし、アブラガニでも問題ないと思えば、それでよいのですが、タラバガニと信じて購入した方は納得がいかないかもしれませんね。
通販価格で市場よりは安いとは言え、お金を払って購入するわけですから、本タラバガニを食べたいですよね?
では、私たち素人でも、通販などで購入する際にアブラガニなのか、タラバガニなのか、見分ける方法はあるのでしょうか?
はい、私たちでもチェックできるポイントがあります。
それは、甲羅です。
カニの甲羅にある、尖ったカド、ここを見てください。
タラバガニの場合は、この尖ったカド、突起物のようなものが、2列に3つずつあり、合計6つです。
見た目がタラバガニと良く似ているアブラガニのほうはと言いますと、突起物が2列に2つ、合計4つです。
このポイントなら、素人でも区別がつきます。
多いほうがタラバガニ、少ないほうがアブラガニなのです。
この見分け方を知っていれば、店頭でしたら実際に自分の目で見てチェックできますよね
実際はこの見分け方を知らない方が多いですから、間違ってアブラガニを購入してしまったことがある方も多いと思います。
アブラガニはタラバガニと比べて、やや身入りが少なかったり、うまみが足りなかったり、という口コミは聞いたことがあります。
実際は茹で方や、カニ自体の問題であり、アブラガニだったからそうだったとは断言できないとは思いますが。

カニ通販のアブラガニその4

私も以前、通販でアブラガニを購入した経験があります。
これは最初から「タラバガニと同じ味でこちらの方が安い」と言う売りで、アブラガニだとわかっていて購入しました。
値段も当然、タラバガニより安く助かりました。
そして、味はタラバに比べてちょっと違うかなという程度でした。
カニを鍋に入れたり、バターいためにしたり、味を付けて楽しめば良いと思いますが、茹でてストレートに食べるには、さすがタラバガニにはかないません。
この点を理解して、アブラガニでも良いという方がいらっしゃいましたら、インターネット通販で安くお求めになれるでしょうね。
それなりにおいしいアブラガニですから、料理の用途によっては、タラバではなく、アブラガニでも十分かもしれません。
またその人の好みでアブラガニがおいしいと感じれば、安価ですし、アブラガニを購入すればよいと思います。
さて、店頭で甲羅を見れば、タラバガニか、アブラガニか、自分でチェックできますが、インターネット通販の場合はどうしたらよいのでしょうか?
もちろん、通販ですから写真も掲載されているでしょう。
ですが、実際の写真を掲載していないかもしれませんよね?
そんな場合、通販ではやはり、クチコミでの評判がポイントになると思います。
特に長年、カニの通販をやっている老舗の店舗がお勧めです。
購入しようと思うカニ通販ショップの口コミを、チェックしてから決めましょう。
楽天ショップをはじめ、口コミのコメントを見られるようになっていますので、不満やクレームが書かれていないか、そこで見てみましょう。
タラバガニをアブラガニとして、販売しているショップでしたら、そうしたクレームが書かれています。

カニ通販のアブラガニその5

また、良いカニ通販ショップであっても、なるべくなら、足だけとか部分だけで販売している場合、一部だけだとタラバかどうか、区別がつきません。
足だけですと、何のカニか、見分けを付けることに関して素人では難しいです。
それから、ただ「タラバガニ」だけのタイトルではなく、「本タラバガニ」というタイトルで選ぶこともお勧めです。
表記が本タラバガニであれば、タラバガニのはずですから、これがない場合はアブラガニが送られて来るかもしれません。
通販の場合、表記がなにもなくて、写真がなんとなくタラバガニのようであったから、購入したら、アブラガニだったということもありますから、タイトルや表記はカニを購入する際のポイントでしょう。
ここまでは、タラバガニを買いたい方がアブラガニを買わないようにする方法についてお話してきました。
ですが、実際、タラバガニとアブラガニ、どちらのカニを選ぶのか、それはその人の好み次第だと思います。
本タラバガニが食べたいのであれば、それを購入すればよいですし、どちらのカニでもかまわないのなら、安価なアブラガニでも良いでしょう。
値段が高いから高級品であり、イコール、味がおいしいというわけではないと思うのです。
安いけれど、高いカニよりおいしく感じるものもあるかもしれませんので、アブラガニがNGというのは食わず嫌いなのかもしれませんね。
値段は、水揚げ量から、タラバガニは卸価格が高くなる傾向ですし、アブラガニよりもタラバが3割くらいは高くなっています。

カニ通販のアブラガニその6

値段は関係なしに、味を取る方であれば、なにもタラバガニでなくても、通販などで安く購入できるアブラガニを試してみても良いでしょう。
また、「値段が高いからタラバガニのほうが、おいしいに決まっている!」という方は、高くてもタラバガニを購入するべきでしょう。
ですから、カニの購入については何を重視するのか、その人の好み、それぞれだということになります。
カニの味ですが、実は茹で加減で決定するということが言われています。
通販でも、よく見かけると思いますが「とれたてのカニを浜茹でしてあるから味が落ちない」ということを売り文句としているショップもありますよね。
通販サイトにも書かれていることですが、カニ本来が持っている、あのうまみは茹で具合でよくもなるし悪くもなるようです。
専門業者がゆでるわけですから、私たち素人が家でゆでるより美味しく出来るのだと思います。
例えば、贈り物に「アブラガニはちょっと遠慮したい」という方であっても、アブラガニの味に興味があれば、一度、ご家庭で試してみてはいかがでしょうか?
アブラガニを正しく茹でれば、また、業者が正しくゆでてあるのでしたら、アブラガニでもおいしく食べられると思いますよ。
もともと、タラバガニが有名だったところに、徐々に出現してきたアブラガニは、二番手とか偽者とか呼ばれてしまって不利な立場ですよね。
ですが、アブラガニも、茹で方次第では、タラバと並ぶかもしれませんし、安価でおいしければ、私たち消費者の味方になってくれます。
タラバは家庭で気軽に買えなくても、アブラガニだったら手が出るというおうちも多いのではないでしょうか?
通販でアブラガニを安く購入して、タラバ同様に食べながら幸せな気持ちになれればいいですよね。

カニしゃぶ

カニはもともと高級品ですよね。
子供のころは、お正月くらいしか食べられないものだと思っていましたが、最近ではネット通販で安く手に入れることができます。
カニの王様である、タラバも、味の濃い毛ガニも、またお料理にいろいろ使えるズワイガニも、どれも通販で購入できるようになりました。
もちろん、カニはそのまま食べても最高ですが、冬場には「カニしゃぶ」もいいですよね。
しゃぶしゃぶにするのなら、ぴったりのカニが、ズワイガニでしょうね。
ズワイガニは甘味があって、ゆでてもぷりぷりで、とても美味しいです。
このズワイガニですが、店頭で選ぶのなら、選ぶポイントは簡単です。
生きていれば良く動いているカニが良いでしょう。
そして、手足が太いカニを選びます。
では、インターネット通販では、ズワイガニを選ぶ際に、どのようなポイントに気をつけたらよいでしょか?
冷凍されたり、カットされたりして販売しているショップも多いですので、その場合、鮮度などは確かめることはできません。
一般には姿のまま購入したいと思いがちですが、カニしゃぶにするのなら、最初から鍋用にカットされているカニが良いと思います。
「ポーション」という表記で販売されているものです。
なぜなら、姿のまま購入すると、届いた後、家で切ってみたら中身がスカスカだったという失敗がないからです。
その点、ポーションタイプなら、最初からなべ用や、しゃぶしゃぶようにカットされているので、販売する側でも中身が見えているから安心ですね。
ズワイガニのポーションバージョンも、通販でいろいろあります。

カニしゃぶ続き

サイズも種類もいろいろあるようですから、用途や好みに合わせて注文すれば、家族みんなでカニしゃぶを楽しめるでしょう。
また、カニ爪だけをセットにして販売している通販もありますが、この場合もカニ爪だけ詰め合わせたセットがお勧めです。
こうしたタイプは身が詰まったものだけを取り揃えてのセットになっていますから、姿で購入するより失敗がありません。
殻をむく必要がなく、すぐにしゃぶしゃぶを楽しめますね。
また、ズワイガニはとれた地域によって、ブランド扱いされているケースもあります。
カニの中でも、繊細な味を持ち、広く人気がある種類です。
ですが、いざ、姿のズワイガニを買ったとして、失敗も少なくないと思います。
楽しみにしていたカニ味噌が、期待したほど入っていなかった、とか、少なかったとか、そんな失敗もあります。
ですから、カットされている通販のセットがお勧めなのです。
カニの足の殻を、むいてから、しゃぶしゃぶにする「カニしゃぶ」は、足だけでなく爪も合います。
お肉の場合と違って、あっさり感が人気なのでしょうね。
カニ甘味と上品な味がお口の中に広がり野菜も美味しく食べることができますよね。
白菜やきのこ類、ネギや豆腐が合うでしょう。
そして、このカニしゃぶ、だしが良く出ますから、しゃぶしゃぶのあとの「しめの雑炊」も最高です。
おじやも良いですし、ラーメンやうどんなど、麺類もお勧めです。
最後の最後までカニの美味しさを味わうことが出来るでしょう。

用途に合わせたカニを選ぶその1

寒くなるとカニの美味しい季節になります。
旬の季節が近づくと、カニ料理が食べたくなりますよね。
お魚屋さんの店頭にもカニが並ぶようになりますし、お正月が近づくと大きなカニも並べられます。
やはり日本人はお正月と言えば、カニとか海老なのでしょうね。
私の田舎も、お正月に帰るとボイルしたカニを出してくれます。
お客さんに出すお料理としてもカニは喜ばれますからね。
ゆでたカニをそのまま食べるのも最高に美味しいです。
甘くて身がぷりぷりしたカニをたっぷりと味わいたいですね。
今では通販でもカニはいろいろ販売されるようになりました。
カニの通販は、選んでいるとき、見ているときもとても楽しいものです。
さて、みなさんは、いろいろなカニの種類がある中、何が一番お好きですか?
カニの種類は本当にたくさんありすぎて何を食べようか、どんな料理が良いのか、迷ってしまうことも当然でしょう。
また、カニは家族や友達とみんなでわいわいと楽しむばかりでなく、贈り物としてカニを選ぶ方もいらっしゃいます。
忘年会のメイン料理や、お土産や、バーベキューでの材料としてなど、用途がたくさんあるカニですから、どんなシーンでどんなカニを選べば良いのか、困りますよね。
大切なお客さんがいらっしゃる場合も、ドーンとカニがあったら、食卓が映えることでしょう。
さて、私たちが普段から良く食べるカニは、有名なところでタラバガニとか、ズワイガニでしょうね。
また、毛ガニもおつまみに最高ですよね。

用途に合わせたカニを選ぶその2

これらのカニは、そのまま食べることも良いですが、それぞれに適した料理方法があります。
例えば、カニ鍋をしたい、カニしゃぶをしたい、そんな時は、ズワイガニをお勧めします。
なぜなら、ズワイガニは火を通すことで、さらに甘さが増すほか、口に入れるサイズもちょうど良いですよね。
ズワイガニをカットしてある通販のセットなどが、おすすめです。
もちろん、鍋にタラバガニも良いかと思いますが、値段が高いので、量的にたくさんいれるのでしたら、通販で安く手に入れてたとしても予算がかなりかさんでしまいます。
鍋にタラバガニでなくても、ズワイガニで十分でしょう。
鍋ではなくて、網焼きなど、そのまま焼いてカニを食べたいときは、ズワイガニよりもタラバガニでしょう。
身が太くて厚いので、網焼きにはぴったりで豪快さを楽しむことができます。
カニの食べ方の中で、意外とやっている方が少ない調理方法が焼きガニだと思います。
七輪がなかったり、あっても焼く環境がなかったり、焼きガニは煙も出ますし、なかなか気軽に試せませんよね。
ですから、カニの料理というと、ゆでたり、鍋にしたり、そのまま食べたりしますが、焼きガニは味がしまりますし濃厚なカニの味を堪能するにはお勧めの調理方法です。
ご家庭でもぜひ、試してほしいのですが、実はフライパンで焼きガニを作ることができますし、オーブントースターでも焼けます。
バサミで切って半分、殻をむいてフライパンやホットプレートで殻を下にして焼くだけ。
オーブントースターでも大丈夫です。
おしょうゆやポン酢でいただきます。

用途に合わせたカニを選ぶその3

通販で焼きガニ用の殻が半分むけたものが打っていますから、それを使うと便利ですよ。
また、贈答品でしたらタラバガニも良いかと思います。
その場合、何種類かのカニをセットにした通販もあります。
いくつかの種類の詰め合わせもバラエティに富んでいて良いのではないでしょうか。
もらったほうも、カニの種類に合わせていろいろな楽しみ方が出来るので、楽しみが増えると思います。
インターネット通販でも、カニの詰め合わせや、部分をカットして詰め合わせたもの、もちろん、姿のままのカニなど、冷凍したものから、生のものまで、いろいろなものが販売されています。
見ていると本当にバラエティに富んでいて、贈答品を選んでいたのに、いつの間にか、自分で食べるカニを探していたなんてこともあります。
カニは種類がいろいろあるものの、どのカニも美味しいですよね。
カニは贅沢品であり、高級品でもあるので、食べているととても贅沢な気分を味わえます。
また、通販では調理しやすく、また食べやすいようにカットされているものもありますので、そうしたものを購入するのも良いと思います。
贈り物にしても、カニをカットしてあれば、送られた側もカニを切る手間がはぶけますよね。
それから、通販ですとアウトレットや、わけあり商品として、足が一部取れてしまったカニが格安で売られていますから、家で食べるのであれば、それでも十分でしょうね。
選ぶ際は、用途に合わせたカニを選んで、美味しくいただきましょう。

花咲ガニを美味しく食べる

カニの種類はいろいろとありますよね。
タラバガニ、ズワイガニ、それから毛ガニなどは食べたことがある方も多いでしょう。
数あるカニの中でも、もっとも食べる機会が少ないと言われているカニが花咲ガニでしょう。
通販などでもよく見かけるようになりましたが、一般的に購入するのはズワイガニだったり、タラバガニだったりします。
花咲ガニは形もタラバガニに似ていて大きなカニです。
味は濃厚であり、タラバガニよりも花咲ガニのほうが美味という人も多いようです。
と言っても、カニについての何が一番美味しいというのは、人それぞれですが、みなさんは何が一番お好きでしょうか?
一般にカニの旬は冬場です。
ですが、この花咲ガニはほかのカニより少し早い時期に旬が訪れます。
ですから、冬になってから花咲ガニを食べたいと言っても、少し遅れてしまいます。
花咲ガニを食べるなら、タイミングを逃さないようにしたいですね。
花咲ガニの旬は9月から11月、この時期に食べることをお勧めします。
もちろん、通販では冷凍したものやゆでたものが、旬の後も売られているようですが、やはり旬の間に食べること、それが一番美味しい食べ方です。
ほかのカニが旬を迎えてから、「あ、そういえば花咲ガニが美味しいって言っていたなあ」と思い出しても遅いですから、時期に気をつけましょう。
ほかのカニもそうですが、特に花咲ガニは水揚げしてから、どんどん味が落ちます。
デリケートなカニですから、通販でもきちんとした業者が扱っていると安心です。

花咲ガニを美味しく食べる続き

もし、通販で購入するのなら、老舗など信頼の高いお店で購入しましょう。
もちろん、新鮮なほど美味しいですから、港町などに食べに行くこともお勧めです。
観光がてら新鮮な花咲ガニを味わう贅沢な旅をしてみることも良いでしょうね。
もし、ご自宅で花咲ガニを食べたい場合、水揚げ後にすぐ茹でているもの「浜茹で」と呼ばれますが、その処理がされていて、急速冷凍してあるものが良いです。
自分でもカニぐらい茹でられると思いがちなのですが、私たち素人は、カニの大きさや種類によって茹で時間をコントロールする技は持ち合わせていませんよね。
ですから、せっかくの旬のカニの味を損なわないように、微妙な茹で加減を調整出来るプロにお願いしたいものです。
特にカニの通販をやっている業者さんなどは、その辺を熟知しているでしょうから、購入の際に、「美味しい食べ方」や「茹で方」が書かれた用紙を付けてくれると思います。
私が今まで購入したカニの通販会社はどこも、カニの茹で方を書いたプリントを付けてくれました。
それを守って調理すれば、職人さんが茹でて急速冷凍処理したように、美味しいカニを食べられることが出来るでしょう。
タラバガニよりも花咲ガニは比較的、値段が安いです。
ですが、タラバガニに劣らず、濃厚な味で旨味たっぷりですよ。
通販では実際に見て選ぶことは出来ませんが、もし店頭で購入するとしたら、良い花咲ガニを選ぶポイントをご紹介しましょう。
花咲ガニは甲羅の角が特徴のカニです。
この角が出来るだけとがっているカニを選びましょう。
角が尖っている、イコール、立派に育っている証拠ですから、身がぎっしりつまっていると思われます。

カニを通販で買う前に

みなさんは、カニを通販で購入したことがありますか?
カニを扱うネットショップもたくさんありますし、オークションでも出品されていますよね。
今のようにたくさん、通販ショップがある中、どこでカニを買ったらよいのかわからなると思うのです。
カニは決して安い買い物ではありませんので、お金を払う以上、誰でも失敗はしたくないですよね。
それに、私たち一般人はどのカニが良いのか、値段が相場と合っているのか、安いのか高いのかわからないことだらけだと思います。
では、ネットショップや通販でカニを買う際に、どんなお店を選んだらよいのでしょうか?
まず、カニの通信販売をやっているだけで、カニのスペシャリストとは言えないということです。
私たちはカニを扱っているのなら、カニのプロみたいに勘違いしてしまいます。
カニを販売しているお店がすべて良いカニを売っているわけではありませんし、カニに対して知識がない通販会社も中にはあるかもしれません。
そのショップはカニのプロなのか?
それは、お店を選ぶポイントとしてとても大切です。
購入する前に、通販ショップの情報をチェックしてみましょう。
ご存知のとおり、通販は顔が見えない買い物です。
スーパーや小売店と違って、まったく見えない者同士が品物のやりとり、お金のやりとりをするので、信頼関係を最初に築くことは出来ません。
販売者の顔が見えないまま、信用してお金を払うしかありませんよね。
見えることと言えば、インターネット上に掲載されているお店の情報です。
まずはここからチェックしましょう。

カニを通販で買う前に続き

カニを売っているお店がカニ以外のものを販売しているでしょうか?
それとも、カニ専門の通販のお店でしょうか?
例えば鮮度を確かめるワード、「産地直送」という言葉は使われていますか?
また、とりたてを浜茹でしているでしょうか?
通販会社はいろいろな商品を扱っているところも少なくありません。
カニ以外にも魚類や貝類や、魚介類全般、加工品など沢山の商品を扱っている業者もあります。
すべての品物についてスペシャリストな社員がいるわけではありませんから、広く浅い知識を持って営業している心配があります。
それに比べてカニ通販専門で行っているショップは、それだけプロフェッショナルだと思うのです。
なぜなら、カニ以外の商売をしなくても、カニだけで勝負しているのですから。
カニ通販専門でしたら、もし、購入したカニについてお客さんからのクレームばかりあったら、成り立たない商売ですよね。
ですから、カニを専門的にそれだけを通販している業者が安心だと思います。
「産地直送」にこだわったり、どこどこ産か、こだわったり、「浜茹で」をしている通販会社は、カニにたいしてのこだわりを感じます。
逆にこうした言葉が使われていない通販会社は、ちょっと遠慮したいですね。
お話してきましたように、カニの通販で失敗しないためには、最初に、カニ専門で販売しているお店を選ぶことです。
目に見えるショップの情報を確認することで、お店に対しての信頼感が沸いてくると思いますよ。

通販で松葉ガニを買う前に

みなさんは、いつもどんなカニを召し上がっていますか?
なかでも、ズワイガニとか、タラバガニなどを思い浮かべる方が多いでしょうね。
松葉ガニをよく食べる方はいらっしゃるとしたら、その方はとても裕福かもしれません。
カニの中のブランドと呼ばれている松葉ガニ、高級品です。
少し前までは、手に入りにくく、私たち一般人は簡単に手に入れることが出来ませんでした。
ですが、最近では、インターネット通販を使って、手軽に購入することが可能になりました。
もちろん、お値段はいまだ高級のようですが、手に入りやすくなったことは良いことですよね。
さて、この松葉ガニ、あまり食べたことがないと、選ぶ際にもどこをチェックしたらよいのかわかりにくいですよね。
また、心配なことに、松葉ガニはズワイガニと似ているので、通販でズワイガニを買ってしまうこともあるようです。
もちろん、松葉ガニもズワイガニの一種ですから間違いではないのでしょうが、産地によりブランド化して値段も上がりますから、やはり高いお金を払うのでしたら本物の松葉ガニを手にしたいですよね。
では、松葉ガニを選ぶ際、気をつけなければならないポイントはどのようなところでしょうか?
まず、とれた産地です。
通販の場合も、どこどこ産と明記してあるものを選びましょう。
なぜなら、松葉ガニは山陰地方でしかとれません。
ですから、水揚げされた地名が山陰地方以外であれば、それは松葉ガニではないと思ってよいでしょう。

通販で松葉ガニを買う前に続き

産地が無記名だったり、わらかなかったりする場合は、そのお店で購入することは遠慮したほうが良いと思います。
松葉ガニはズワイガニと同じ種類なので、区別するなら、松葉ガニ、イコール、山陰のズワイガニであり、越前ガニ、イコール、越前や福井県のズワイガニです。
また、ズワイガニは、北海道や海外のズワイガニを指すことが多いです。
水揚げされたばかりで生の松葉ガニを購入する場合は、産地をチェックすれば良いでしょうが、冷凍だと、どうでしょうか?
その場合は、産地はもうわからなくなっていることが多いですから、ショップを信用するしかありません。
それでは、信用できるショップは、どのように見つけたらよいのでしょう。
顔の見えない通販ですから、やはりカニの通販を専門にやっているところが良いと思います。
松葉ガニであれば、松葉ガニ専門店がお勧めです。
どのカニも鮮度が大切ですので、松葉ガニも茹でてあるものが良いでしょう。
生を自分で茹でるには、茹で時間や加減など、固体によって調節しなければならず、なかなかプロのようには出来ないのが現状です。
せっかく新鮮な松葉ガニを手に入れても、ゆで方で失敗してしまったら元も子もありませんものね。
すでに茹でてある松葉ガニですと、甲羅や、殻がそれほど固くありません。
はさみで簡単に切りながら食べることができます。
松葉ガニの旬は短いと言われているので、時期を見計らって注文しましょう。
また、カニの中でも高級品なので贈答品として通販を利用する方も多いようです。

カニ通販会社はレビューで判断

みなさんは、ネット通販でカニを購入した経験がありますか?
私も過去に数回ありますが、生きているカニをゆでるのが大変だった記憶があります。
こんなことなら、茹でてあるものを買えばよかったと思いました。
そのときは、調理方法の問題だけであり、カニの購入に関しては特に失敗したとは思いませんでしたが、通販でカニを買った経験がある人のなかでは、違うカニが送られてきたり、鮮度が悪かったりとトラブルになった方もいらっしゃるようです。
現在、カニ通販会社と言っても、ネットで探してみただけで多くの業者があることがわかります。
その中で信用できる通販会社を選ぶこと、これは、何のカニを買うか選ぶ前、カニを実際に注文する前に必要なことです。
通販会社が信用できないと、求めているカニと違うものをつかまされてしまう可能性もあります。
では、どのように信頼のおけるカニ通販会社を選んだらよいのでしょうか?
口コミも大切ですが、口コミと一緒にリピーターがついているか、それが目安になります。
リピーターが多い、イコール、カニ通販会社の信頼度、です。
なぜなら、購入して満足したお客さんが、またその通販会社を利用するからです。
大手のインターネットショップサイトでしたら、ショップのレビューなどを参考にしても良いでしょう。
良くない業者はそれなりの評価をもらっているはずですから。
レビューを見てみるとわかりますが、多くレビューが乗っている通販会社があります。
それだけ取引をしているということです。

カニ通販会社はレビューで判断続き

一週間に何件も取引があり、レビューが何件も掲載されているところが良いでしょう。
実は、このレビューですが、載せるか載せないかショップ側が決めるようになっているところもあります。
また、レビューを削除できるようになっているのは、ショップ側の権限のようです。
きっと営業妨害などを防ぐためでしょうね。
ですが、時折、悪いレビューを載せている会社もあります。
これは、たとえショップ側のミスがあって、それにクレームがついたレビューがあっても、それに対しての対応でお店の信頼度を計ることができるからです。
トラブルに対するショップの対応、これは消費者としては気になるところですよね。
それから、次にブランドのカニを取り扱っているか、どうかです。
例えば、タラバガニなどはとても一般的で、日本では結構とれますし、海外でもとれますが、ブランドとしての松葉ガニや、越前カニを扱っていると安心でしょう。
コアなところでは、根室の花咲カニを販売しているなど、カニ通販会社でもブランドカニを扱っていることで各が上がります。
最後に、送料ですが、どうしても私たちは「送料無料」という文字につられがちですが、実は無料より一律になっているほうがお勧めです。
この場合、送料無料ではなく、カニに送料分の値段を含めて販売しているショップが多いからです。
グラム数や大きさ、個数を比べて、その「送料無料」が本当にお得なのか考えてみるべきでしょうね。
みなさんも、良いカニ通販会社を見つけたら、きっとリピートして使いたくなると思いますよ。

毛ガニを買う前にその1

みなさんは、毛ガニはお好きですか?
カニの中でも、「一番好きなカニが毛ガニ!」という方も多いと思います。
私も私の家族も毛ガニが大好きで、お正月などは通販で購入してよく食べます。
さて、北海道周辺でとれる毛ガニは、北海道においては代表的な海産物です。
北海道旅行に行ったら、お土産で毛ガニを買ってくる方も多いですよね。
実際に、私も北海道に行ったときは、ほかに目もくれず、毛ガニをお土産に買ってきたことがあります。
ですが、北海道のお土産屋さんや、カニ通販会社で流通している毛ガニの多くは外国産のカニが多いです。
「北海道産」と書かれているカニ以外は、ロシア産が多いでしょう。
通販もそうですね。
何も産地が書かれていない毛ガニはロシア産だと思ってよいでしょう。
確かに北海道産のほうが高級なイメージがありますが、ロシア産でも十分に美味しいですよ。
さて、毛ガニの魅力とは、どんなところでしょうか?
ほかの有名なカニ、タラバガニや、ズワイガニなどと比べてみますと、身が繊細ですよね。
そして、ほかのカニにはない毛ガニ独特の甘みがあります。
また、一番毛ガニで美味しいと思うところは私も、カニ味噌です。
濃厚なカニ味噌は、ほかのカニと比べてもダントツ、美味しいのではないでしょうか。
私たちがスーパーやデパートなどで見かける店頭の毛ガニ、または通販で購入できる毛ガニの多くは、瞬間冷凍されたカニが多いです。
それももちろん、それなりに美味しいですが、とれたてを浜茹でしてある毛ガニは、また格別でしょう。

毛ガニを買う前にその2

ですから、漁港などで取れたてのカニを食べるツアーなどに人気が集まるわけです。
毛ガニの産地ですが、オホーツク海や、太平洋、そして、噴火湾産です。
春毛ガニと呼ばれている、オホーツクでとれた毛ガニは、水揚げ量も安定しているので、手ごろな値段で手に入れることが出来ます。
もちろん、カニ通販会社も販売しているので、全国、どこにいても食べることが出来ます。
そして、夏になると漁獲量は少なくなりますが、噴火湾産の毛ガニは、このころ、他のカニよりカニ味噌が甘く濃厚です。
また、太平洋でとれる道東の毛ガニは、寒くなるととれるため、そのころにとれたカニは身が引き締まり、とても美味しいです。
カニは、季節によって身入れに変化があり、毛ガニの場合、身が少ないと、蟹味噌も少ないです。
夏毛ガニ、寒毛ガニも、それぞれの美味しさがありますので、どの時期でも楽しめる美味しさなのではないかと思います。
店頭や、通販などで毛ガニを買う場合、どのようなことに気をつけて購入したらよいのでしょうか?
特に、スーパーなどでは、とても値段が安い毛ガニが売られていて、驚くことがあります。
おいしい毛ガニを選ぶためには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?
まず、毛ガニの甲羅ですが、大きさが最低6センチなければ、水揚げが許可されていないのです。
ですから、それ以下の小さい毛ガニは、買おうと思っても店頭でも通販でも、まず、販売されていません。

毛ガニを買う前にその3

そうかと言って、大きければよいというわけではなく、大きすぎる毛ガニは案外、身が入っていないこともあります。
みなさんもご存知のように、カニは足をゴムで止めたり、ひもで縛ったりしていますよね。
毛ガニもそうなっているものが多いと思います。
まれに、生きたままで足を止めていないと、元気におがくずの中を動いていますよね。
動いている毛ガニは新鮮ですから、これを買いたくなる気持ちは当然あるわけです。
私も実際に、生きたカニを買ったことが何回もあります。
みなさんは、この元気の良いカニを飼いたくなると思いますが、ここで待ったです。
毛ガニの足が止められているのは、どういう理由でとめられているのか、みなさんはご存知でしょうか?
実はこの場合、カニの重さをしっかりと量っている証拠です。
もちろん、足が取れないように固定してあるということもあります。
ですが、「ある決められた重量をクリアしているカニが、足を止めて出荷されている」と思ってください。
そうなれば、生きて動いているカニよりも、生きていなくても足が縛られているカニは、身がしっかりと詰まっていることになりますね。
もちろん、足を縛られていないカニで、動き回ってれば新鮮ですし、鮮度も抜群に良いでしょう。
ですが、そのカニの身入りは期待できないと思います。
もし、通販で買う場合は、ボイルされているカニが多く売られています。
急速冷凍され、鮮度が落ちないようにしてあると食べやすく、茹でる手間も省けますね。
通販で買うなら、ボイル毛ガニがお勧めですよ。
ボイルしてカットされている毛ガニは、切る手間もなくとても簡単に美味しく食べることができますね。

ワタリガニを購入する前にその1

皆さん、ワタリガニはお好きでしょうか。
最近ではパスタなどにもワタリガニを使ったものがありますし、スープなどにも使われることもあります。
料理の材料として使われるようになってから、ワタリガニは私たちにとても近い存在になりました。
私個人もワタリガニのあの濃厚なカニ肉の味が大好きで、カニの中で一番好きなカニかもしれません。
現在ではスーパーでも売っていることが多く、通販でもよく売られているので、みなさんにとっても身近なカニかもしれませんね。
ワタリガニは、別名、ヒシガニと呼ばれているこもあります。
ちなみに徳島県阿南市では「ガンチン」と呼ばれているそうです。
カゼガニやオドリガニと呼ばれていることもあります。
ワタリガニはヒシガニと呼ばれているだけあり菱形をしています。
甲羅は青っぽい色で、ワタリガニの雄はハサミが大きいです。
そして特徴として、後の足がは平べったくなっていて、海中を泳ぐことができます。
ワタリガニという名前がついているように、潮の流れに沿って泳ぎます。
通販で生のワタリガニを購入する方もいらっしゃると思います。
その場合、自分で茹でて召し上がるのでしょうが、茹でて食べる方法が一番おいしいのではないでしょうか。
ほかのカニ同様に、塩を入れて茹でますが、ワタリガニの場合は熱湯にそのまま入れますと、茹であがった際に足が落ちてしまう経験をした方も多いのではないでしょうか。
これを防ぐためには、ゆでる前に一度、氷水に入れてから茹でましょう。

ワタリガニを購入する前にその2

プロの方はハサミの付け根から、甲羅の中心に金串を刺し、しめてから茹でるそうです。
ですが、私たち素人はそこまでできないでしょうから、氷水でしめてから茹でるようにしましょう。
また、糸やゴムで足を縛って販売されていると思いますので、それをほどかずに、そのまま茹でても足が落ちません。
それから、ワタリガニはダシがよく出るので、通販などでも切りワタリガニがパックで売られています。
おみそ汁に入れてもとてもおいしいですし、トマトベースのスープに入れても合います。
また、炊き込みご飯にしてもダシが効いて、とてもおいしいです。
こうのようにいろいろな用途で料理に使えるものの、実はまだワタリガニを料理に使ったことがないという方もいらっしゃるのではと思います。
ダシを取ることは知っていても食べるということをしない方もいらっしゃるかもしれませんね。
ほかのカニよりも身が少ないイメージがありますし、足も平べったいので、無理もありません。
日本はそうであってもお隣の韓国ではワタリガニを使った料理が多いですね。
通販で調理済みのメニューを売っているところもあるようですから、ご存じない方は是非、一度、韓国のカニ料理を味わってみてはいかがでしょうか。
中華料理店でもワタリガニを使ったメニューがありますし、お試しになってみてはいかがでしょうか。
さて、通販でも店頭でも、このワタリガニを購入する場合は、どのように選んだらよいのでしょうか?

ワタリガニを購入する前にその3

まず、体が透き通っていないカニを選びましょう。
売られているワタリガニが透き通っているものは、中の身が水っぽいからです。
また、甲羅が固いものは成長しているということになるので、身がしっかりしておいしいです。
ご存じの方も多いと思いますが、ワタリガニは脱皮を何回も繰り返すカニです。
ですから、脱皮したてのワタリガニは水っぽくて柔らかいですので、茹でて身を食べるには適していません。
脱皮したてのワタリガニはソフトシェルクラブとして、から揚げにして食べます。
私はこのソフトシェルクラブが大好きで、レストランでもいただきますが、通販でも何個かセットにして販売しているのを購入して、自宅でから揚げしにて食べたこともあります。
この場合、冷凍されているものなので、生きガニなどを主に販売しているようなカニの通販専門店では扱ってないかもしれません。
そして、良いワタリガニを選ぶポイントは、ハサミがなるべく大きいものを選びましょう。
脱皮を繰りし、ハサミも成長するわけですから、きちんと育っています。
そんなカニは、身もカニ味噌もしっかりと入っているでしょう。
ワタリガニの特徴は特に味付けをしなくても、身自体が濃厚で美味しいカニでカニ味噌も濃い味がします。
私は卵が入っているワタリガニが大好きで、カニ味噌と卵、もう絶品ですよ。
通信販売でも、子持ちのワタリガニを探してみたいものですね。
身も卵も味噌も同時に味わえて最高の贅沢だと思います。

通販で美味しくカニ鍋

今はインターネットでお手軽に何でもお買い物ができますよね。
普段の食材から、高級食材までネットショップは本当に充実しています。
高級だと思われていたカニも、今では通販で買うという方も多いでしょう。
冬に鍋で使うカニは、何も姿でなくても良いですし、生きていなくても、冷凍で十分ですからね。
その点を考慮して通販で購入すれば、高級なカニも安く手に入ると思います。
例えば、足がもげてしまっているカニでも良いですし、足だけがセットになっているもの、ハサミだけがセットになっているものでもいいわけです。
そう考えるとカニ鍋で楽しむカニはお得なのかもしれませんね。
ご家族みんなで食べても、十分なくらいの量が入ったセットも通販で購入できますから、おうちで試してみてはいかがでしょうか。
やはり冬と言えば、鍋でしょう。
そして、カニと言えば、簡単な料理がカニ鍋なのです。
家庭で食べることが出来る、一番のカニ料理ではないでしょうか。
もちろん、ゆでたカニをむきながら、そのまま食べることも醍醐味でしょうが、冬なら鍋で楽しみたいものです。
しかも、調理も簡単ですし、寒い冬にはカニ鍋で家族そろって温まりたいものですね。
冬ならではの美味しさ、カニ鍋の作り方をここでご紹介したいと思います。
カニ鍋と言っても、普段、みなさんがおうちで作っている鍋となんら変わりのないものです。
ですが、どうしてか、カニ鍋と言うと、高級なイメージ、自宅では作れないような誤解があります。
普段の鍋とまったく変わらず、簡単に作ることが可能ですよ。

通販で美味しいカニ鍋続き

まず、材料はカットしたカニを用意します。
通販で売られているカニ鍋用のカットカニで十分です。
切る手間も省けますし、通販で注文、受け取り、その後、すぐに食べられますね。
そして、鍋に入れたいお好みの野菜を用意します。
白菜や、春菊、ねぎ、豆腐やしめじ、にんじん、えのき、しらたきなどがよいでしょう。
カニと野菜は、どんなものでも合うので、好きなものを入れてしまいましょう。
キャベツでもいいですし、もやしも良いです。
それをだし汁で煮ます。
そこにカットしてあるカニを入れて煮ます。
カニの足などは、さらに切り込みを入れておけば、食べる際に殻がむけやすくて、だしも出やすいでしょう。
カニ鍋の良いところは、カニを向かずに、鍋に入れてしまえばオッケーということです。
煮えたら、お好みでしょうゆや、ポン酢などに付けて食べます。
私はスープごと、おわんにいれ、しょうゆを少しかけて、汁ごと楽しみます。
そして、カニ鍋の醍醐味は、鍋が終わってからの雑炊ですね。
カニのだしがきいていて、最高の雑炊が味わえます。
ゆでたカニを少しとっておいて雑炊に入れても良いでしょう。
カニ専門の料理店でカニ鍋コースを頼んだら、相当な金額になってしまいますが、自宅でも十分に楽しめると思いますよ。
通販の産地直送セットは、カニ鍋用になっていて、便利ですし、量や種類もいろいろ選ぶことが出来ます。
ぜひ、みなさんもご家庭でカニ鍋を楽しんでみてはいかがでしょうか。

通販で買った冷凍カニその1

近年では、ご家庭でも気軽に使われているインターネット。
このインターネットの普及により、通販がより手軽になりました。
一昔前は、紙のカタログを見て、通販会社に電話して注文する、という形が一般的でしたが、現在ではネットカタログを見ながら、気に入ったものがあれば、その場でネット注文が出来ます。
この手軽な方法で、インターネットショッピングは瞬く間に広がり、今では当たり前になってしまいましたよね。
生鮮食品や魚介類なども産地直送で購入できる通販は、消費者にとても人気です。
お取り寄せブームで、さらに、ネットショッピングをする人が増えたのではないでしょうか。
そんな中、カニなどの魚介類も家にいながら、新鮮なカニが手に入るようになってきました。
通販を使えば、いつでも誰でも新鮮なカニを食べることが可能です。
ですが、カニ通販で気をつけなければならないことはは、何よりも鮮度です。
まず、カニの旬といえば、みなさんもご存知のように、冬ですよね。
中でも松葉ガニは冬が来る前が旬です。
通販で、生きているカニを買う場合、鮮度はばっちりでしょうから問題ありません。
ですが、冷凍してあるカニを通販で買うのであれば、水揚げ後、急冷凍されたカニが望ましいです。
さらに、冷凍後の保存期間がなく、すぐに届けてくれるカニでしたら、鮮度も維持され、美味しいでしょう。
数あるインターネットショップの中には、本当に、いろいろな業者がいるようでトラブルもあります。

通販で買った冷凍カニその2

一年前に冷凍したカニを、普通に通販しているようなところもあるそうです。
冷凍してある時間が長いと、身がすかすかになってしまい、美味しくありません。
ですから、通販で気をつけたいことは、カニがいかに新鮮かということです。
水揚げから届くまで、短いほうが良いのです。
販売している相手が見えない通販にしても、鮮度に注意したいのですが、どのようにしたら良いのでしょうか?
商品には水揚げした日にちと、出荷日を書いてくれる通販会社がありますので、そうしたお店から買うと良いです。
また、同じサイズのカニであっても、身の入りが良いカニと、そうでないカニがあるのは仕方ありません。
そこを、きっちり重さを計っているお店が良いですね。
同じお金を出すのでしたら、鮮度がよく、身が詰まったカニを選びたいものです。
良い買い物をして、カニを美味しく楽しみましょう。
また、ネット注文する場合、自分がそのカニをいつ食べるのかきちんと把握するか、予定を立ててから通販で購入しましょう。
通販の配達日は、もちろん、指定が出来ますから、食べる日を考えて届くようにしたらよいでしょう。
届いてから、そのまま冷凍しておいてはさらに味が劣化してしまいます。
普通の食べ物と違い、カニは長く冷凍できない食材です。
せっかく鮮度が良いカニが届いたとしても、食べる日がまだ先だからと、冷凍庫に入れるようなことがないようにします。
お客さんが来る日に合わせて届けてもらう、パーティーの日に届けてもらうなど、予定を決めてから注文します。

通販で買った冷凍カニその3

通販で冷凍のカニを買った場合、自然解凍で食べられるようになりますが、それまでどれくらいかかるのか、通販会社の説明書や、ネット上での説明を読んでおくと良いでしょう。
冷凍してあっても、剥き身の場合は、それほどの時間も必要ありませんので、解凍時間も考えておくとよいですね。
いざ、食べようと思ったら、まだ凍っていたり、逆に解凍をしたりすると、水分が抜けてしまい、身がぱさついてしまいます。
ですから、冷凍してあるカニを通販で買う際は、食べる日、時間をきちんと予定しておきます。
カニ味噌は、冷凍し過ぎたり、解凍をし過ぎたりすると、台無しになりますから、その点も気をつけて注文しましょう。
姿の冷凍ガニは、新聞紙の上でカニのお腹を下にして置いておきます。
甲羅の中に水がたまらないのでこの方法が良いです。
姿カニは1時間、自然解凍後が食べごろです。
剥き身になっている冷凍ガニは、パックに入ったまま、自然解凍するのも良いですし、パックごと水の中に沈めて解凍することもオッケーです。
剥き身は解凍時間を短くしておかないと、身が水気でだめになりますので気をつけましょう。
冷凍カニは、高温になるような場所を避けて解凍しましょう。
高温の場所で完全に解凍すると、旨味まで抜けてしまうので気をつけましょう。
冷凍してあるカニもただ、時間を置いて解凍すればよいわけではないこと、これでおわかりになったと思います。
せっかくの美味しいカニですから、以上のことを守って、通販で買った冷凍カニを上手に解凍してください。
そして、旬のカニの味をおうちで堪能しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ